以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

1日1万歩は間違い?ウォーキング最新事情

time 2016/04/13

1日1万歩は間違い?ウォーキング最新事情

厚生労働省が提唱する一日 1万歩という指針が実は間違っているという説があります

一体どういうことなのでしょうか?調査してみました

 

最新の研究結果

1日1万歩のウォーキングで、乳がん、大腸がん、認知症、うつ病、骨粗しょう症などが予防できるとされてきました

私なんかは歩けば歩くほど体にいいと思っていますが、「1万歩以上は意味が無い」としているのは、東京都健康長寿医療センター研究所 青柳幸利氏の研究結果なんだそうです

 

例えば、毎日1万歩以上歩いていた人が、実際に骨粗しょう症や認知症になってしまった事例があるそうで、これらは歩数や歩き方に問題があると青柳氏は指摘しています

 

青柳氏はウォーキングに必要な要素を発見したそうで、群馬県中之条町でデータ65歳以上 約5000人 15年以上 24時間265日モニタリングした結果、病気の予防は歩数と中強度の活動が大切であることがわかったそうです

 

中強度の活動とは?

中強度の運動とは、話すことはできる早歩きで、数分歩くと若干息が上がる程度のこと

予防する病気によってそれぞれの目安は以下の通りです

  1日の歩数 中強度運動
うつ病 4000歩 5分
認知症・心疾患 5000歩 7.5分
骨粗しょう症・がん 7000歩 15分
高血圧・糖尿病 8000歩 20分

おすすめは1日8000歩 中強度活動20分 で、全ての病気のリスクを1/10に減らすことができる

なお、1万歩以上の歩数では効果は変わらず、疲労が溜まるため、かえって悪影響ということだそうです

 

この運動量を達成するには

1日8000歩 中強度活動20分歩くための工夫としての一案です

通常私たちは以下の歩数を歩いています

 

日常活動における1日の平均歩数(2014年厚生労働省調べ)
男性
20~64歳 7860歩
65歳以上  5779歩

女性
20~64歳 6794歩
65歳以上  4736歩

おおよその目安ですが、散歩10分間で約1000歩なので、その歩数を加える工夫をしてみると良いですね

中強度2000歩を達成するために、10分程度の距離を1往復歩くと20分中強度の運動ができますね

なお、連続する必要が無いので、自分の時間の合間を見つけて行うと容易に達成できるかと思います

 

なお、個人差があると思いますので、目安として考えた方が良いのかなと・・・個人的な感想です

毎日1~2万歩も歩いている私にはショックな結果ですが、歩くことが気持ちいいので、減らすことは考えていません

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。