以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

インコがオシャベリを覚える仕組みと口笛を教えてはいけないワケ

time 2018/07/07

インコがオシャベリを覚える仕組みと口笛を教えてはいけないワケ

インコがオシャベリを覚えるとき、最初に人間の言葉を聞いて覚えるそうで、耳で聞いた言葉や文を脳に刻み込みます

そして、脳の中でその音を繰り返し繰り返し思い出しながら、脳から気管支の付近にある鳴管(めいかん)という器官に脳の記憶に近付くような音を出すように、信号を送ります

なお、鳴管は人間の声帯に相当するようなものですが、この鳴管は脳からの指示に合わせて音を出します

ところが、口から出る音は実際の記憶の中の音とは異なる場合があります

その音を聞いて、インコは改めてその言葉を自分の耳で聞いて修正し、記憶の中の音に近づけていきます

その練習をしている間はゴニョゴニョと何かを呟いていますが、このタイミングでゆっくりとはっきり、聞かせてあげると上手にオシャベリできるようになるそうです

なお、オシャベリを覚えやすい時期は、中型小型インコで生後2か月から半年で、大型インコは成長が遅い分、もう少し遅く長い期間になります

一旦、人間の言葉を覚えたインコは、その後も時間をかけてたくさん学習していきますが、この時期に脳が学習をしていないと、オシャベリを覚える習慣が身につかず、人間の言葉のオシャベリが苦手になってしまうそうです

また、この言葉を覚える時期に口笛を教えてしまうと、脳は口笛の音マネを覚えることが得意になって、オシャベリが苦手になりやすいそうです

口笛はおしゃべりを覚える時期が過ぎる生後半年後以降に教えるのが良いそうです

ちなみに我が家のモモイロインコのモモちゃんのおしゃべりですが、しっかりと教えられなかったので、「モモちゃんだよ~」と「モモちゃんオハヨー」の区別がつきません

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。