以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

内臓脂肪を最速で落とす

time 2018/05/05

内臓脂肪を最速で落とす

オッサン(筆者)は体組織計では、内臓脂肪が「やや多い」状態のままで、減ってくれません

内臓脂肪が減らないことについて諦めぎみでいたのですが、内臓脂肪が多いと将来においてガンや認知症になりやすいと聞かされて、改めて内臓脂肪退治に挑戦してみたいと思い、内臓脂肪を落とす方法について調べてみました

内臓脂肪の危険度

内臓脂肪の危険な目安はへそ周りが男性85cm以上、女性90cm以上でアウトと言われており、いわゆるメタボは内臓脂肪が多い状態なのです

ウエストがこの基準に達していなく痩せていても、内臓脂肪が多い人がおり、隠れメタボと言われているので、油断はできません

なお、欧米人に比べると、日本人は内臓脂肪がつきやすい体質で、欧米の人はお腹が出ていても皮下脂肪なんだそうです

内臓脂肪の影響度合い

内臓脂肪がエネルギーに変わる時、大量の脂肪酸が分泌され、静脈に乗って体中に運ばれます

血液に乗った脂肪酸が最初に流れ込むのが肝臓で、脂肪酸が多すぎると脂肪肝さらに肝臓がんになり、内臓脂肪が多いと肝臓がんのリスクが倍になるそうです

ハーバード大学によると、がんの原因は食事・肥満が30%を占めているとしています

痩せていても内臓脂肪が多い人がおり、便秘や逆流性食道炎になりやすいと言います

また、内臓脂肪が多いと満腹中枢が刺激されにくく、食べ過ぎてしまいさらに内臓脂肪を増やすという悪循環になってしまいます

内臓脂肪を落とす方法①脂質を抑える

内臓脂肪は付きやすい反面、落としやすいというのも特徴です

まず最初に、脂質は控えた方が良いようで、肉のムダな脂身をとったり、皮を落とし、煮ることで脂肪量が少なくなります

逆に青魚に含まれるEPAやDHAは内臓脂肪をつきにくくしてくれるので、オススメです

脂質が入っていないのですが、要注意なのがお酒と果物で、お酒は食べ過ぎてしまう原因になり、果物は満腹感を得にくいため、食べ過ぎてしまうのです

内臓脂肪を落とす方法②アディポネクチンを増やす

アディポネクチンという物質は脂肪を燃やしてくれる効果があるのですが、日本人の4割が不足していると言われています

このアディポネクチンが含まれている「玄米」と「大豆」を積極的に採ることで、アディポネクチンを増やすことができます

内臓脂肪を落とす方法③日々の生活で落とす

内臓脂肪を増やす意外な原因が睡眠不足!

睡眠が足りていない人ほど肥満度が高いのです

そこでオススメが有酸素運動のウォーキング、1日30分、普通の散歩より早めに歩きましょう

有酸素運動の前に行うと良いのが筋トレ10分、汗ばむ程度に行うと効果が上がるそうです

 

最近は大人だけでなく子供の10人に1人が肥満で、中には動脈硬化の子供までいるのです

家族全員で気を付けたいものですね

参考:日本テレビ「世界一受けたい授業」 

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。