以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

靴底の減り方を見れば身体の不調がわかる!

time 2018/04/08

靴底の減り方を見れば身体の不調がわかる!

早く花粉が終われ!とヒノキを恨んでいる筆者は、花粉が終わるまでマスクをしながら、息苦しくマスク蒸れ蒸れのウォーキングをしています

このタイミングでウォーキングシューズも買い換えようかと思うのですが、実は靴底の減り方を見れば身体の不調がわかるというのです

悪い歩き方をしている人のタイプ別の改善法についても紹介します

靴底がすり減る4つのタイプ

歩き方の癖が出る靴底は千差万別で、大きく分けると靴底の減り方は4つのタイプがあるので、いますぐ靴底を見てみましょう

①中心とかかとがすり減っているタイプ
②外側がすり減っているタイプ
③内側がすり減っているタイプ
④つま先とかかとがすり減っているタイプ

実は靴底のすり減り方で、将来のケガや寝たきりになるリスクがわかるのです

①中心とかかとがすり減っているタイプ

このタイプの身体への危険度は30%でやや危険なレベルです

この減り方の人は一般的にすり足タイプだそうで、このような歩き方になる原因はアキレス腱が硬く足首が動かないためだといいます

つま先がうまく使えないので、足裏の中心ですって歩いてしまい、身体への影響としては重心が後ろに傾いているため、正そうと前のめりになってしまうことで、姿勢悪化になり、腰痛を引き起こします

また、つま先が上がらないのでちょっとした段差で転倒してしまい、ケガをする危険があるのです

②外側がすり減っているタイプ

このタイプの体の危険度は60%で、かなり危険な歩き方です

このタイプはガニ股で歩いていますよ

原因は重心が外側に傾いているためで、重心が外側だと太もも内側の筋力が衰え膝に負担がかかるためひざ痛を起こす可能性が高いのです

また、膝が外に向いているため、ねじれの力がかかり股関節痛になる危険があります

③内側がすり減っているタイプ

この人は今すぐ治しましょう

本当に危険な90%です

重心が内側に傾いているため、内股で歩いており、女性の方が多いそうです

重心が内側に偏った状態が長年続くと膝の骨に炎症が起き、膝が変形する可能性があります

これが続くと歩行困難になり、特に階段の上り下りやしゃがむ動作が困難になるリスクが増えます

④つま先とかかとがすり減っているタイプ

実はこれが理想的な歩き方なのです

このタイプの歩き方は親指側のつま先で蹴り、かかとで着地している正しい歩き方なのです

この靴の減り方(歩き方)を目指しましょう

すり減り タイプ別改善法

①②③のタイプは改善しましょう

①の中心とかかとがすり減っているタイプはつま先立ち運動をすることで改善でき、1日10回やるとよいそうです

まず、足を肩幅に開き、かかとをあげます

よろけることもあるので、その場合には壁などに手をついても構いません

かかとを上げた時になるべく親指から小指の付け根全体に重心がいくようにすることが大切です

 

②の外側がすり減っているタイプは太ももの内側を鍛えるため、椅子に座り足を伸ばしてつま先を上げ下げするのを左右10回ずつするのが良いそうです

その際はかかとを床から5センチ位あげるといいそうです

 

③の内側すり減っているタイプは、かかとストレッチが大切で、かかとをもって動かしているような動作をしましょう

傾いている方と反対に回すのがよいそうです

正しい歩き方で“理想の靴底”に!3つのポイント

最後に理想の歩き方は3つのポイントがあります

①腕を真後ろに引き、しっかりと降りましょう

背筋が鍛えられ姿勢がよくなり、体のバランスが維持できます

②歩幅を広くとり、大股気味に歩くことで、骨盤の周りの筋肉が使われ、骨盤が安定します

③かかとから着地することでアキレス腱や足裏の筋肉が鍛えられます

その後はつま先で地面を蹴るように歩くと良いでしょう

 

参考:テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。