以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

靴底でわかる謝った歩き方とは?

time 2018/02/17

靴底でわかる謝った歩き方とは?

以前はランニングを趣味としていた筆者は足を痛めてから長距離を走ることが難しくなってしまいました

とは言え運動不足は嫌なので、最近はウォーキングをしています

ウォーキング靴は、ある程度の間 使っていると靴底がすり減りますが、皆さんの靴底はどのようにすり減っていますか?

靴底のすり減り方は人によってさまざまで、体の歪みが靴の裏に現れると言います

正しい歩き方をしていないと、体が歪んでしまい、つまずいて怪我をしたり、腰・ひざなどを痛めてしまいます

あなたの靴底のすり減り方は、正しい歩き方なのでしょうか?

体の歪みが分かる!靴底チェックをご紹介します

靴底のすり減り方パターン

あなたの靴をチェックしましょう

次のどのようにすり減っていますか?

①つま先とかかとがすり減っている

②靴の中心部分とかかと(又は かかとだけ)がすり減っている

③靴の外側がすり減っている

④靴の内側がすり減っている

それぞれのすり減り方によって歩き方の特徴を解説します

①つま先とかかとがすり減っている

かかとから地面について、つま先でけっているバランスの良い正しい歩き方をしています

このまま続けていきましょう

②靴の中心部分とかかと(かかとのみ)がすり減っている

靴の中心部(指の付け根の当たり)とかかとがすり減っている場合は、つまずきやすくなり、ひどい場合は平らな場所でもつまずいてしまいます

この人は体のゆがみが原因で姿勢が悪化し、如いてはひざ痛を起こします

足首やアキレス腱が固まっていることが原因で、アキレス腱が動かないことで、つま先が上がらず、つまずきやすくなるのです

また、かかと だけすり減っている人も同様で、猫背で歩いているはずです

アキレス腱をストレッチして柔らかくしましょう

③靴の外側がすり減っている

靴の外側がすり減っている人は、ガニ股で歩いているはずで、太ももの筋肉が衰えていることが要因です

太ももの筋肉が衰えていることで、ひざに負担がかかり、ひざが歪み、ガニ股になっていてひざがねじれてしまうのです

改善法は内側の筋肉を意識して歩くことで、坂道を歩くと自然と太ももが鍛えられるので、オススメです

④靴の内側がすり減っている

専門家の指摘では、最も多くのゆがみが出やすい問題がある歩き方で、足が内側に寄っているのが原因で、内股歩きになることで、足首など関節にも負担がかかりやすいのです

対処法は足の親指と人差し指で地面を強く蹴るように歩きましょう

親指に力が入りにくくなっています

早歩きをすることもオススメです

 

 

参考:テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。