以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

各方面の医師も薦める甘酒の健康パワー

time 2016/04/11

各方面の医師も薦める甘酒の健康パワー

飲む点滴と呼ばれている甘酒ですが、栄養素が高く体に吸収されやすいのが、その理由だそうです

甘酒の季語は、意外にも夏なんです

江戸時代は夏バテ防止に冷たくして飲むのみもので、甘酒は古墳時代から飲まれていたそうです

 

甘酒には2種類あり、酒かすと米麹でつくるものがあります

酒かすで作る場合は、酒かすにお湯・砂糖・塩を入れて混ぜ、日本酒を加えているため、値段が安いがアルコールが入っています

一方、米麹で作る場合は、米に麹菌を加えて4日かけて繁殖させ、さらに蒸した米と米麹をまぜ10時間ねかせ、お湯の中に入れ塩を入れており、値段が高く、アルコール分はないそうです

また、米麹の甘酒は高い温度に弱いので、常温か冷やして飲むのがオススメです

 

そこで、各方面の医師が薦めるポイントを紹介します

 

精神科医オススメ

精神科が推奨するのは、酒かすの甘酒で、清酒酵母で睡眠の質を上げてくれます

清酒酵母はアデノシンを活性化させ、清酒酵母は搾りかすのほうに多く残るため酒かすの甘酒が良いそうです

寝る1~2時間前にコップ1杯程度を飲むのが良いそうです

そして、質の良い睡眠は以下のメリットがあります
①脳や体がリフレッシュ
②記憶を整理整頓
③成長ホルモンが分泌され、体を修復
④免疫力が上がる

 

内科医と血圧専門医オススメ

血圧上昇を抑えるのに効果があるのは、ペプチドのはいった米麹の甘酒です

ペプチドは血管の中で、悪い酵素とホルモンが結びつくのを防いでくれます

ただ、薬ではないので、急激に下げることはないので、個人差はあるが、3ヶ月から半年で効果が現れるそうです

甘酒にしょうがを入れるといいそうです

生姜の皮には利尿作用があり、皮と一緒にすりおろしたものを甘酒にいれることで血圧の上昇をおさえる効果がより期待できるそうです

飲むのは朝がベスト

 

眼科オススメ

甘酒で目のクマがとれるのですが、どの成分に効果があるのかは研究中だそうです

クマは血液の流れが悪いことが原因なので、血の巡りがよくなったせいではないかと言われています

 

消化器内科オススメ

体の免疫の約60%は腸にあると言われており、甘酒の善玉菌が免疫細胞を活性化させてくれます

1週間継続して飲むことで免疫力UPの効果を試せ、便通が改善され、体温が上がるそうです

 

形成外科医オススメ

活性酸素が減り、肌荒れや老化が予防できます

活性酸素は、消毒薬のような働きがあり、殺菌作用で悪いものを壊してくれるそうです

 

参考:テレビ朝日系「林修の今でしょ!講座」

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。