以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

インコの健康診断のススメ

こんにちわ

昨日のに引き続き、連続健康ネタとして、インコの健康診断について調べてみました

160406-1

お迎え時の健康診断

昨日の 病院選び でも書かせてもらいましたが、お迎えした時は非常にいいタイミングです

家に連れて帰る前に病院に直行をお勧めします(いちど家に帰ると行くことが億劫になりますから)

メリットは

・病院でカルテを作ってもらうことで、お迎えした時の状態を記録に残すことができる

・病気が見つかった際にショップが原因なのかはっきりする(ショップに文句が言え、治療費負担も交渉できます)

・医師や病院の態度や雰囲気をみることで、かかりつけ病院にするかの見定めができる

・初めて飼う鳥さんの場合、先生に健康面に関してショップより詳しく聞くことができます(与えて良いものやNGなもの、どんな時に病院に来ればよいかなどなど)

 

検査項目とざっくり価格を調べました(私の記憶より少し高い気がします)

 

そのう検査

そのうとは食道が部分的に拡張し、 餌を一時的に溜めておく器官で、ここに雑菌やカビがはえることで、 「そのう炎」などの疾患がでてしまいます

診断は、専用の器具を使って、 そのう液を採取し、顕微鏡で調べます(これが犬猫だけの獣医にはできないようです)

費用:500円~1000円ほど

 

糞便検査

フンを持ちこんで、顕微鏡などで検査します

雑菌などが混じっていた場合、 それに応じた治療が必要になります

費用:500円~1000円ほど

 

遺伝子検査

一滴に満たない量の血液か、羽毛1~3枚で、 PBFD、BFD、オウム病(クラミジア感染症)などの、 感染有無を診断します

特にPBFD、BFDは怖い病気なので、 受けさせたい検査です

費用は、診断する病気にもよりますが、 18000円~28000円ほどらしいです

遺伝子検査はすぐに結果が出ないので、私はいつもお迎え前にショップにお願いしています

 

その他

触診(触って、骨や羽などに以上が無いか調べる)

心臓音や呼吸音がきれいか聴診器できいてもらう

体重測定

 

とざっと、こんなところでしょうか?

最後の”その他”もやらない病院はやめた方がいいですね

 

本当は定期的に実施するのがオススメですが、本当のところ初回だけで私も行っていません(ダメジャン!)((+_+))

160406-2

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。