以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

インコのヒナって人間の子供と似ていませんか?

time 2018/06/26

インコのヒナって人間の子供と似ていませんか?

先日、埼玉県の実家に帰った時に気付いたのですが、意外とツバメが飛んでいる姿を見かけませんでした

聞いたところ、ツバメは住宅が密集している都心を好むそうで、公園などが近くにあって人間が多く出入りする建物の軒先などに巣を作りやすいそうです

人間が多く出入りする場所はカラスが近寄らなくて、人間は攻撃してこないことをツバメは知っているんだそうです

ツバメのヒナは巣立ってしまうと基本は一人で生きていきますが、ヒナのうちは親が一定の期間は面倒を見ないと生きていけません

ところが、ニワトリやアヒル・ダチョウなどは生まれた途端に、そこそこの生活できる能力を持っており、親鳥が面倒を見るのですが、最悪は親が居なくても生きていけるそうで、学術的には「離巣性(りそうせい)」と言う分類になるそうです

一方、インコはツバメと同様にヒナのうちは誰かに面倒を見てもらわないと生きていけなく、親や親代わりの存在が重要になります

インコが幼いころに親にどのように接したかで、その後温社会生活に違いが出てくるそうです

まるで、人間の子供のようですね

ヒナは経験も浅く判断力も未熟なため、色々な失敗をします

失敗でケガをすることもありますが、それもインコにとっては重要な経験で、「こんなことをするとケガをする」ということを学んでいくのです

同時に「食べられるもの」「危険なもの」を学んでいきますが、親から教わることも少なくありません

人間が親代わりの場合、何をしていいのか、何をしてはいけないのか、”しつけ”とまではいきませんが、インコに毅然とした態度で教えてあげることが重要です

我が家のインコたちも、新しいものをカジろうとするとき、こちらの様子を伺って、何も言われなければカジっています

でも、ダメと言われてもカジりたい誘惑に駆られてしまったものは、隠れてカジっていますね(;´Д`)

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。