以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

暑い季節におけるインコとの暮らし

time 2018/05/25

暑い季節におけるインコとの暮らし

沖縄では梅雨入りしていますが、間もなく全国的に梅雨と夏を迎えます

今年の夏も「ここ数年で最も暑い」と予測されていますが、ここ数年は毎年同じことが報じられているような気がしています

ここ数年の異常な暑さを思うと、もう冷夏は来ないのでしょうかね?

インコは暑い地域が原産地の種類が多いため、暑さには強いのですが、暑い夏を迎えるにあたり、インコの体調以外にも注意すべき点をまとめてみました

部屋のカビ対策とエアコン

梅雨の時期にはカビが繁殖を始め、カビはアスペルギルスなど呼吸器の病気の原因になります

常にエアコンを入れるほど神経質になる必要なありませんが、風が流れるようにして、湿気を含んだ空気が一か所にとどまらないように工夫をしましょう

扇風機を壁に向けると空気が拡散しますし、部屋から廊下に向けると家の中で空気が循環しやすくなります

湿度が高い日はエアコンのドライモードなどで湿度を60%以下になるように心がけます

エアコンの電気代を考慮するとドライモードのほうが消費電力が高くなるので、一日中エアコンを入れるのが気になる方は冷房にして設定を30~32度程度にするのもアリです

その際は冷え過ぎないようにエアコンの風がインコに当たらないように配慮しましょう

シーズン最初にエアコンを入れるとエアコンの中に溜まっていたカビが部屋中に撒き散らされます

最初に電源を入れる前の晴れた日に、窓を開けたまま試運転をしましょう

その時はインコを別の部屋に移しておきましょう

エサの保存方法も注意

エサの注意点はカビが生えることと、虫が湧くことです

カビ対策はチャック付きのビニール袋にいれて、乾燥剤を入れておきます

それでも不安な場合は冷蔵庫で保管しましょう

我が家ではペットボトルに入れて保存していますが、ペットボトルはビニール袋のように穴が開いて冷蔵庫の中にエサを撒き散らす心配がないし、エサ入れへの補充も楽なのでオススメです

虫対策は未開封のエサを2~3日の間 冷凍庫に入れておくと、タマゴは死滅します

ケージの掃除

ケージの掃除もカビ対策ですが、インコが水浴びなどでケージを濡らしがちなので、カビが生えやすくなっています

マメに本格的な掃除が必要で、放鳥の際にお風呂場で食器用洗剤で洗い、熱湯をかけると良いでしょう

 

余談ですが、我が家のエアコンにカビが生えていることを発見しました

エアコンの奥が黒ずんでいたのです

せっかくお掃除機能付きのエアコンだったのに!なんということでしょう

早速、エアコン掃除業者さんに予約を入れました

5年以上掃除していない人は要注意です

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。