以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

匿名と信じてやりたい放題のネット住民を弁護士が提訴した!

time 2018/05/20

匿名と信じてやりたい放題のネット住民を弁護士が提訴した!

TwitterなどのSNSやネットブログなどは「匿名だから多少無茶な事を書いても大丈夫」だと思っていませんか?

ネット上で盛り上がって弁護士を退治するつもりだったネット住民が、逆に弁護士から訴えられるという事件が起こっていました

匿名と思っていたネットでの落とし穴を特集します

弁護士が損が賠償請求

ネットでの軽率な書き込みから発展して、900人を超えるネット住民からある弁護士は弁護士の資格を停止する懲戒請求を受けました

その弁護士は「黙っている訳にはいかない」して、ネット住民を相手に損害賠償請求を起こすことにしたのです

名前はバレないと思い、強気だったネット住民でしたが、突然訴えられたことで動揺しています

挑戦学校での補助金請求

北朝鮮に深くかかわる朝鮮高校を敵視する人は多く、発端は「朝鮮学校への補助金交付を求める弁護士たちは北朝鮮の見方である」として、この行動は犯罪であるという書き込みがなされ、これがきっかけとなって900人ものネット住民が特定の弁護士に対して懲戒請求をしました

懲戒請求とは弁護士が非行した際に弁護士会に懲戒処分を請求することで、自身がおかしいと思えば出来事に関わっていなくても請求することは可能です

懲戒請求の処分には戒告・業務停止から除名まで様々なものがあります

この出来事が拡散したことで炎上し、一部のネット住民が行動しようと懲戒請求を起こし、中には3000通以上の懲戒請求を受けた弁護士もいました

ところが、これに対して弁護士側は本業に支障が出た事を理由に損害賠償を要求したのです

個人が特定されないと思っていたネット住民側には賠償請求を前に動揺が広がりました

弁護士が個人を特定し、提訴へ

懲戒請求者を特定した方法は、懲戒請求を弁護士会に送る際に住所・名前の記入が必須となっていたため、弁護士会から懲戒請求書が転送された時点で容易に個人特定が可能だったのです

ネット住民は「懲戒請求では個人情報が伝えられることはない」というデマに騙されてしまったため、「個人を特定できない」タカをくくっていたところに、弁護士は960人全員に損害賠償請求を行ったことで動揺が広がりました

告訴を行った弁護士側は和解の条件として謝罪と謝料5万円を要求しており、6月20日までに和解をしなかった相手は1人30万円・2人なので60万円を請求することで、全員訴えるとしています

この状況でネットでは数十人が和解を申し込んでいるとのこと

この住民は若者かと思いきや、和解に追い込まれた人の年齢層は、40代以上の人が多いそうです

懲戒請求をした女性の一人は、懲戒請求のシステムを分かっておらずブログの方法を正しいものだと思って賛同してしまい、周りが見えない状態になっていたと話しています

 

もうネットは匿名ではないことを理解し、閉鎖的なネット空間で感情的になる前に一歩留まることが大切ですね

 

参考:テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。