以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

インコの子育ては愛情たっぷりなのです

time 2018/05/17

インコの子育ては愛情たっぷりなのです

ほ乳類の子育ては圧倒的に片親(しかもメス)が行うことが多いそうです

ただし、人間について子育てを片親が行うかは、意見の分かれるところなので、あえて言及しません

ところが、インコを含めた多くの鳥さんの子育ては抱卵(卵を温める行為)や、子供にご飯を与えたりするのはオスとメスが協力し合って共同で行うようです

子供が成長するまでオスメスともに大切に育てるため、子供への愛情が育まれやすいと言えるようです

そんな習性があることから、人間や仲間に対して思い入れや愛情を多く表現してくれるのでしょう

 

また、インコはパートナーをたった一人と決めるそうで、他の動物のようにパートナーを入れ替えるということが無いようです

人間と同じですね、、、と言いたいのですが、インコのパートナーへの一途さは強く、生涯愛し続けるそうです

そのため、パートナーが死んでしまうと、次のパートナーを受け入れることが難しいこともよくあるそうです

その一途な気持ちが飼い主さんへ向くことが多く、夫婦でインコを飼っている時、どちらか片方だけを好きになってしまい、もう片方にヤキモチを焼いて攻撃することもあるそうです

インコの強い愛情表現と仲間意識の現れですね

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。