以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

その調理、9割の栄養捨ててます

time 2018/04/14

その調理、9割の栄養捨ててます
「野菜」「果物」「納豆」などは、食べ方や調理法によって栄養を捨てていることがあるというのです

野菜などの素材から栄養を効率的に摂れるお得な調理法を紹介して、去年20万部のベストセラーとなった「その調理、9割の栄養捨ててます!」を監修したプロが調理のポイントを教えてくれます

栄養失調かもしれない?

食生活に気をつけているのに貧血やむくみがとれないなどの症状がある人、疲れが取れないという人は隠れ栄養失調の可能性があるかもしれません

専門家によると、日本人の約7割が野菜不足と指摘しています

ただ食べればよいのではなく、体に届く調理や食べ方を心がける必要があるといいます

素材別に効率的に栄養を取る方法を記載します

白菜

白菜は真ん中のほうが甘いし栄養もあるそうで、外側の栄養が内側に蓄えられます

そのため、内側から食べたほうがよいそうです

キャベツ

キャベツの葉は外側ほどビタミンCが多く含まれるので外側の葉を食べないと損をするそうです

でも、外側の青い葉っぱは固くて嫌ですよね

そんなときは、スープがオススメで、最も栄養ロスが少なく、スープに溶け出したビタミンCも摂取できるそうです

ゴボウ

ゴボウは皮をむいてアク抜きしますよね

でも、その調理法は栄養素の4割も捨てているんだとか

皮に含まれる栄養素は根(本体)の約2倍も含まれており、正しい下ごしらえは水洗いで泥を落とすだけにして、5センチ大にカットして電子レンジで素早く加熱するのがよいそうです

イチゴ

いちごは包丁でヘタを切って水洗いすると栄養を5割損するそうです

いちごの栄養であるビタミンC・葉酸はヘタの真下に集中しており、水洗いすることで切り口から流出してしまうそうです

そのため、先に水洗いし手でヘタを取りながら食べるようにしましょう

味噌汁の作り方

味噌の乳酸菌は50℃以上で徐々に死滅し酵母も70℃で全滅するので、味噌汁は火をとめて10分後に温度が下がってから、味噌を溶くのがよいそうです

時間が無い人は、沸騰して火を止めてから冷たい豆腐を入れると、温度がさがるので、その後でみそを溶きましょう

ご飯は固いかやわらかいか

ご飯は片目が好きな人と、やわらかめが好きな人に分かれますが、硬めに炊いたご飯朝食には向かないそうです

朝食に適しているのは柔らかく炊いたご飯で、起きてすぐは体が十分に働いていないため、柔らかいほうが消化吸収に良くエネルギーに変えてくれます

ところが、夕食は硬めのご飯がよいそうで、硬めだと消火しにくいため、血糖値の上昇が抑えられ、メタボの予防になるそうです

納豆は朝食?夕食?

納豆は朝食べるよりも夕食のほうが効果的だそうで、血栓を溶かす作用があるとされるナットウキナーゼは睡眠中に作用するほうがお得だそうです

また、ナットウキナーゼは50℃以上で働きが悪くなるのでアツアツのご飯にのせないほうが良いそうです

もやしの保存

もやしは冷蔵庫の野菜室で保存するのは、損をします

正しい保管場所は、チルド室だそうです

野菜室の温度は3度~8度で、チルド室は0度が平均で、もやしは水分が多く痛みやすいので、低温保存のチルド室が適しているそうです

玉ねぎは日光浴させろ

玉ねぎでよく言われる直射日光を避けて保存は、損をするそうです

皮を向いた状態で1週間日光浴させると、血管の老化を防ぐ効果があるケルセチンが4倍になる

切り方としては、細胞が壊れるみじん切りが1番アリシンが出るのでお得だそうです


参考:テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。