以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

憧れのフクロウを飼いたいと思う

time 2018/03/02

憧れのフクロウを飼いたいと思う

以前からフクロウに憧れており、クリクリの目を見ていると萌え萌えしてしまいます

常々「フクロウを飼えたらいいなぁ」と漠然と思っておりました

ところで、フクロウを飼うためにどれほどのハードルがあるのでしょう

簡単に上っ面だけの浅い部分を調べてみました

 

フクロウは野生生物なので一般的なペットの鳥と比較すると飼育が難しいと言われています

最初のハードルはエサで、動物の肉を与える必要があります

具体的にはマウス、ヒヨコ、ウズラなどで、一時的ではなく永久に毎日与えなければいけないのです

ということは、ベジタリアンのインコとは違い、フンは臭うということです

飼うことを検討するうえで、衝動的に購入せずに、猛禽類専門店や動物園などで実際に触れて、スタッフなどの飼育している専門家に自分が考えている家での環境がフクロウをお迎えできるかアドバイスをもらいましょう

特に病気になった時に医者が少ないので、病院も探しておく必要があります

ペットとして適していると言われているのは、アフリカオオコノハズク・スピックスコノハズク・アカアシモリフクロウなど小型から中型のフクロウです

そして忘れてはいけないのが、フクロウはワシやタカなどと同じ猛禽類で、ほとんどが夜行性と言うことです

虫などが家にいれば捕まえに行くこともあったり、鳴き声も大きい種類もいるそうです

我が家の場合、オカメインコのキィちゃんは襲われてしまうかもしれないので、やっぱり諦めるしかなさそうです

以前に動物園で撮影した本当にかわいい映像を見てやってください

 

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。