以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

鳥さんの個性を見極めよう

time 2018/02/18

鳥さんの個性を見極めよう

先日の寒波の谷間の暖かかい日に、気持ちが良かったので、コンビニでサンドイッチを買って公園でランチしました

すると、遠巻きに一羽のスズメがジワジワと、捕まえられのではないかと思う位の近い位置まで近寄ってきました

「食べ物ちょーだい」とパンを分けてくれるのを狙っていました

気が付くとスズメは7~8羽に増え、私の周囲で徐々に近寄ってきます

でも、「あげたいけれど、パンは体に良くないからあげられないなぁ」と思い、無視していたらアッという間にいなくなり、少し離れた弁当を食べているオジサンを取り囲んでいました

どうせ誰かにもらってしまうのであれば、気にせずにあげておけばよいかったと後悔しています

 

スズメもエサを積極的に取りに来るタイプや、様子見をしてから近寄ってくる慎重派など、色々な個性がありますが、お宅で飼っている鳥さんも様々な個性があります

全ての鳥さんが一羽一羽個性があり、世界で一羽だけの鳥さんなのです

そのため、飼っている鳥さんがどんな時にどんな反応をするのか、観察してみるとどんなタイプの鳥さんなのかがわかり、どのように付き合うのが良いかがわかってきます

あるオカメインコの飼い主が、個体ごとに違った反応をする例として、5羽に対して同じ状況でシッポを抑えてみてどんな反応をするかを紹介していました

 

最年長のメスは神経質で、シッポを抑えると大声をあげ、指を離して動けることが判ると、その場を飛び去りました

 

二番目に年長で、5羽のうちで一番強いオスはシッポを抑えられたことを悟った瞬間に、口を大きく開けて「離せ」と威嚇しました

他のインコにシッポをかまれても、怒るそうなので、シッポを触られるのが嫌いなようです

 

三番目に年長で無頓着な性格のオスは、シッポを抑えられて「あれっ?動けない!なんでだろう」と足をじたばたし、指を離した瞬間に歩き出しました

シッポを抑えられたことに対して気にも留めていないようです

 

次に若い野心家のオスは、シッポを抑えられても、前に進もうと頑張りました

 

一番若いおっとりした性格のメスはゆっくりと抑えられたシッポを振り返り、飼い主さんに「お願い 離してね」と言わんばかりに、見つめてきたそうです

 

それぞれの反応が異なって面白いですね

最後に我が家のオカメインコのキィちゃんのシッポを抑えてみます

普段ならしっぽをつかまれると激怒しますが、クッションの中に隠れているのが楽しいせいか、怒らないところが面白いです

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。