以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

体を温める「温活」で寒さを乗り切ろう

time 2018/01/30

体を温める「温活」で寒さを乗り切ろう

今年の冬は毎日のように最低気温が「何十年ぶり」と報道され、「48年ぶりなんて、まだ生まれてない~」なんて聞かされると、既に生まれていたオッサンはイラッときます

それだけこの冬は寒いのでしょうが、暖房を強化しても光熱費がかかるだけなので、寒さを乗り切る方法の一つとして、様々な方法で体を温める温活をご紹介します

温活とは

温活とは、食事・入浴・衣服の着方などにより、暖房以外で体を温めることです

なぜ温活が大切なのかというと、体が冷えると、交感神経が活発化し、体は緊張します

交感神経によって体が緊張すると疲労を感じるようになり、ますます寒くなるという悪循環を迎えてしまいます

そこで、温活で体を温めると、冷え解消だけでなく疲労の回復にもつながり、血流がアップし免疫機能の向上が期待できるのです

体の部位をピンポイントで

温活には体の部分を温めると良いとされる身体の部位は、首・仙骨・肘 です

首は大きな血管が表面に近いため、いちはやく前進が温まります

蒸しタオルで首の後ろを温めると良いでしょう

仙骨は腰よりちょっと上の背中の部分で、筋肉や脂肪が少なく、内臓に近いため内臓から温めることができます

お風呂で40度以上のシャワーで集中的に仙骨を温めると良いでしょう

肘は呼吸を整えるツボが多いため、自律神経が整います

42~45度のお湯につけて深呼吸しながら3分ほど温めましょう

なお、火傷には十分注意てください

外出時に役立つ温活アイテム

家の中は良いですが、外出するときに役立つグッズをご紹介します

花王の「めぐりズム蒸気の温熱シート」はシートをめくって貼り付けるとあたたまることが出来ます

使い捨てカイロと違って、温度が低めなので体に直接貼り付けることが出き、低温やけどになりにくいという特徴があります

グラフィコの「ポカポカおしりのほっぺ」は仙骨周辺の血流を温めるために、お尻に貼ることで熱を溜め込むことができます

 

簡単!耳体操”で冷え克服

耳を温めると身体が温まってくるそうです

なぜ耳を温めると良いのかといと、耳には神経が集まっているため、耳を刺激することで血管が拡張されて全身が温まるのです

カイロなどを使わなくても耳を暖かくなるまでもみ続けるだけで耳が暖かくなり、これによって体全体が暖かくなります

寒いと耳から痛くなりますが、カイロが無い時などは、耳を手で徐々に温めながら揉むと、身体が温まってくることに気付くと思います

 

参考:テレビ朝日「グッド!モーニング」

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。