以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

鳥さんとの絆を深めるナデナデとは

time 2018/02/04

鳥さんとの絆を深めるナデナデとは

写真は我が家のオカメインコのキィちゃんです

この子は首のあたりと頭を撫でてもらうのがお気に入りです

このように撫でてあげると気持ちよさそうにウットリとした表情を見せてくれる鳥さんはとっても可愛いし、癒されますよね

鳥さんが仲間同士で羽づくろいをしますが、これは攻撃性を抑えてお互いの関係をよくすると言います

そのため、人間が鳥さんを撫でてあげることは、鳥さんが仲間とみなして、より仲良くなる重要な行為です

ナデナデで喜ぶ場所は頭から首にかけてのクチバシが届きにくい場所です

脇の下を喜ぶ鳥さんもいますが、発情を促してしまう場合もあるので注意が必要です

鳥さんはかいて欲しい時、頭や首の羽を膨らませて頭を下げて擦り寄ってきたりします

ナデナデ中に噛まれたら

ナデナデ中にガブッと噛みついてしまうのは鳥さんからのお返しです

これは力加減や場所が悪いことを伝えており、飼い主さんは痛みに耐えながらナデナデポイントを見つけてあげなければいけません

ただ、咬まれてすぐに鳥さんの気持ちいいところを撫でてしまうと、「噛みつけば良い場所を撫でてくれる」と思ってしまうため、噛まれたときは5秒の時間を置いて、「咬まないでね」と教えてからナデナデを再開すると良いでしょう

一羽だけで飼われている鳥さんはこれにより社会性を学びます

自分でカキカキを始めたら

自分でカキカキをはじめたら、ふれあいのチャンスです

カキカキしている場所を撫でてあげましょう

この時に筆毛と言って、生えたばかりのさやに包まれた固い羽を解いてあげるのに挑戦するのもいいでしょう

筆毛を解くのは鳥さんによっては、痛がって嫌いなので無理しないでください

鳥さんの体調に合わせて臨機応変にカキカキしましょう

 

なでる場所が違うとき、我が家のモモイロインコのモモちゃんは、このように噛みます

「少し悪かったな」と思ってごまかしています

オカメインコのキィちゃんは露骨に激怒します

咬んだ時に5秒 待っていないので、怒ればいいところを撫でてくれると思うようになってしまいました

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。