以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

風邪のひき始めは医者にいかずに治そう

time 2018/01/14

風邪のひき始めは医者にいかずに治そう

風邪をひいて病院に行くと、風邪薬をもらいますよね

でも、風邪薬はくしゃみ・鼻水・発熱などの風邪の症状を抑えるだけで、風邪を根本的に治してくれるわけではありません

医者によっては体調が悪い時に無理して病院に行くより、家で安静にしていた方が良い場合もあると言います

風邪を薬を使わずに治すと、体内にワクチンができるため、医者は初期の風邪は自分で治すそうです

テレビで医者に初期の風邪の撃退法をにアンケートをとった結果、実際に行っている治療法をまとめてみました

第5位 かぜのひき始めに温めたバナナを食べる

バナナにはファイトケミカルという免疫を高めるものが含まれていますが、バナナを温めると更に体の免疫機能がアップします

体中がウィルスに侵される前に治せるかもしれません

ホットバナナは1本のバナナをレンジで600W30~40秒くらい温めます

第4位 ハッカ飴をなめながらお風呂に入る

「風邪の時はお風呂に入ってはいけない」というのは銭湯が主流だったころの話で、湯冷めしなければ、風呂に入った方が良いのです

かぜの時にお風呂に入るメリットはお風呂の湯気を吸いのどの乾燥を防ぐことです

大切なのは歌の「神田川」のように冷やさないで温めることで、お風呂に入ってすぐ寝るのがオススメで、多少の汗をかいてもタオルケットで吸い取ってしまいましょう

ハッカ飴のメントールには喉の炎症を抑える効果があるため、湯気を吸いながらハッカで炎症を抑えることで、早く風邪を治してくれます

第3位はおかゆに青ネギを入れて食べる

青ネギに含まれているアリシンが、強い殺菌力を持っており、風邪の菌を殺してくれるのです

第2位 自分の体格に合わせて漢方薬を飲む

風邪を治す漢方と言うと葛根湯(カッコントウ)しか思いつきませんが、漢方は人それぞれに相性があり、実は体格や体力に合わせた次の4種類から漢方を飲むことが効果があるそうです

・麻黄湯(マオウトウ)はがっちり体型

・葛根湯(カッコントウ)は中肉中背~ちょいがっちり体型

・麻黄附子細辛湯(マオウブイサイシントウ)は中肉中背~ちょい細め

・桂枝湯(ケイシトウ)はお年寄り

「風邪を引いたかな?」と思った時に飲んで体が温まるなど感じれば、体温を上げることで体がウィルスと戦っているのです

どれを飲んでも極端に悪くなることはありませんが、副作用がゼロではないので、薬剤師に相談したほうがよりベターだそうです

市販の西洋薬を飲む時はかぜだと確信したときで、西洋の薬は熱を下げるので逆効果です

第1位 20分ウォーキングする

初期の風邪の時に軽い運動をすることで、体温が上昇すると免疫細胞が活性化して、ウイルスを撃退してくれます

かぜをひくと熱が出るのは、体温を上げてウィルスを撃退しようとしているので、かぜのひき始めにはある程度 熱を上げたほうがいいのです

気を付けたいのは、運動で上げた熱を汗などで下げてはいけません

 

筆者にも思い当たるのは、この冬は未だに風邪をひいていませんが、雨が降らなければ一駅手間で降りて30分ほど歩いているのが功を奏しているのかもしれません

 

参考:テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」

sponsored link

down

コメントする




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。