以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

インコが噛みついたときに学ぶもの

time 2018/01/05

インコが噛みついたときに学ぶもの

インコは賢い鳥なので毎日様々なことを学んでいます

でも、経験をしなければ学ぶことはできません

肌で触ったり、舌でなめてみたり、味を感じたり温度を感じることで、少しずついろんなことを学ぶところは人間の赤ん坊と同じです

危ないものを触ってイタイ目にあった時も、経験することで「これは危ないんだ」と知るのです

インコは仲間とケンカしたとき相手がクチバシという固い武器を持っていること、自分にも同様に武器であるクチバシがあることを知ります

そのクチバシで相手を噛めば、とても痛いこと、時には皮膚の下の血液を出してしまうことも学びます

同時に人間にはクチバシが無いことも知りません

唇をクチバシと思い、甘噛みするととても痛がり、時には出血することで、「人間のクチバシは柔らかいんだ」と気づくこともあります

その時に飼い主さんが「痛い!」と手ではねのけたりしてしまい、飼い主さんの思いがけない行動に驚きます

この時、「うちのインコは傷ついていないかしら?」と心配することはありません

でも、インコは「あんな行動をとったのは痛かったんだな」と実感しますが、傷つくことは無いと言います

インコは自分の基準で物事を考えるので、人間のクチバシは柔らかくて、自分の固いクチバシで噛むと痛いという基準ができるのです

そして、自分とは違う体を持つ飼い主さんに興味を持ち、仲間意識を強めていきます

でも、それをきちんと覚えていなくて再び同じことをしてしまうことがありますが、単純に忘れているだけですのでお許しを・・・

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。