以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

お台場海浜公園の野鳥たち

time 2017/12/07

お台場海浜公園の野鳥たち

先日、野鳥の会に参加してアオサギの写真を撮影した時、「野鳥撮影をしてみたい!」と激しく思い込んだオッサンは、遂に初心者向けの望遠一眼レフカメラを購入しました

すぐに飽きるかもしれませんが、本ブログで紹介していきたいと思います

なんせカメラは初心者なので、未熟な撮影技術はご容赦ください

こうすればいいよ!なんて教えてくれるとうれしいです

鳥の名前なども間違っていたら教えてください

 

まずは、港区のお台場海浜公園に行ってきました

砂浜もあってサーフィンする人や浜辺でレコードをかけながらワインを楽しんでいるおじいさんがいたりと、普通の海辺とはちょっと違いますね

 

では、撮影した鳥さんをご紹介します

最初の写真は”ウミウ”で、海上のオブジェ?に止まってすまし顔でいました

全国の海辺で見られるそうで、カワウとの違いはクチバシの後ろが白くなっているところです

チュウサギ

少し遠い場所にいたので、これ以上アップで撮ることができませんでした

このような外観の鳥をコサギ・チュウサギ・オオサギと大きさによって呼び分けているそうですが、コサギはカラスより少し大きいそうなので、手前の鴨の大きさと比較するとチュウサギだと思います

水田に多くいるそうですが、海で見るのは珍しいそうです

カイツブリ

河川や沼地および湿原で見かけ、海で見ることは少ないそうで、Wikipediaによると渡りの時期だけだそうです

常に海で浮いており、歩くのは苦手なため、巣も水の上に作るそうです

ヒメウ(ウミウ?)

ヒメウは他のウより小さめで北海道に多く見られるそうですが、寒いので南下してきたのでしょうか

ひょっとするとウミウかもしれません

やっぱりウミウかな?

ハクセキレイ

全国の水辺で多く見られます

セグロセキレイと似ていますが、目の下が白いのでハクセキレイかと思います

シッポを上下に振りながら素早く走るので、あっという間に逃げられました

こっちを向いて欲しかったなぁ

ユリカモメ

日本中の海辺で見られるユリカモメは、団体で日向ぼっこしていたのが楽しそうでした

スズメ

みなさんご存知のスズメ・・・おまけで撮影してみました

なお、お台場海浜公園のスズメは人間のことを怖がらないようで、「こんなに?」と思うほど近寄っても逃げません

 

いかがでしょう

自分一人で盛り上がっていますが、意外に身近にたくさんの野鳥がいるもんですね

 

野鳥撮影は葉っぱの少ない冬場がメインになるので、暖かくなったらやりにくくなるそうです

でも、その前に自分が飽きてしまうかもしれませんが、自己満足優先で当面は掲載してみます

sponsored link

down

コメントする




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。