以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

インコはとりあえず逃げます(そして我が家では事故が!)

time 2017/11/23

インコはとりあえず逃げます(そして我が家では事故が!)

さて、この写真の赤丸の中に鳥の影が映っているように見えませんか?

鳥の亡霊ではありません

感の良い方は既にお判りだと思いますが、これができた経緯は後ほどお伝えいたします

 

インコは群れで暮らしていますが、同様に群れで生活する犬やオオカミとは群れの意味が異なります

犬やオオカミは群れのメンバーが仲間で、ボスがいて、運命共同体です

ところが、インコの群れは隣のインコに興味がありません

群れの誰かがいなくなっても、死んでも気にしません

群れているのは、仲間と一緒にいることで自分の命を奪われる確率を減らすためです

インコは自分の命を守ることはとても重要なので、常に敵から怯えています

何かが起こったら、とにかくその場から逃げるのです

群れが全員でその場を離れれば、誰かが襲われても自分は生き延びれるのです

 

インコを飼っているかたは皆さん経験していると思いますが、インコはちょっとした物音でもビックリして飛びますよね

驚いたときや予想もしないものが動いたとき、まずは飛んでその場から離れ、怖くないほうに逃げます

この時、インコは何も考えておらず、とにかく「この場から離れて安全なところに行くんだ」というパニック状態なのです

そして、全力で逃げたあとは、ふと我に返り、「何があったの?」と不思議に思うんだそうです

 

このパニック状態の時に窓でも開いていたら大変!

先ほどの逃げるときに怖くない方向というのは、広い場所を選びがちになるため、外へ逃げようとするのです

インコが迷子になるときに最も多いのが、このパターンだそうで、”怖くない方向”の外をひたすら飛んで逃げた後は、「ここはどこ?」となってしまうのです

さて、この鳥の影ですが、我が家のインコが窓に激突してできた跡です

先日、放鳥していた時に筆者に腹痛が襲いかかり、トイレに駆け込みました

その時にリビングでバタバタと羽ばたく音が、トイレにて聞こえてきました

恐らく何かに驚いてパニックで飛び廻ったのでしょう

いつもはカーテンを閉めておくのですが、ついつい忘れてしまいます

大きさから言ってモモイロインコのモモちゃんだと思うのですが、本人はケロリとしていたので、ケガはして無さそうです

暫く注意深く観察して、「容体にが不安になったら病院だねモモちゃん」

でも、モモちゃんは病院が怖くて、待合室に入るとブルブルと震えだしてしまうので、できるだけ連れて行かないようにしたいです

ごめんねモモちゃんm(_ _)m

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。