以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

体に良い乳酸菌!効果を得られる食べ方とは?

time 2017/11/18

体に良い乳酸菌!効果を得られる食べ方とは?

チーズやキムチなどに多く含まれ、体に良いとされる乳酸菌ですが、生まれたばかりの赤ちゃんのころはお腹の中に100億個もあるのに、60歳には1億個にも減ってしまうそうです

中高年ほど乳酸菌を効率よく摂取する必要があります

乳酸菌を効率よく摂取して、活用する方法をまとめました

乳酸菌は 種類ごとに働きが違う

最近、ビフィズス菌入りチョコレートなどの乳酸菌が入った様々な商品が登場しているが、乳酸菌の種類によって働きが違います

私達は漠然と”乳酸菌”という菌の種類が存在していると思いがちですが、実は乳酸菌という特定の菌は無く、糖類を分解して乳酸を作る細菌の総称なのです

乳酸菌は、味噌・醤油・キムチなどに含まれる植物性乳酸菌と、ヨーグルト・チーズなどの動物性乳酸菌に分かれます

乳酸菌別の健康効果

乳酸菌の種類では、インフルエンザや風邪に対しては吉田沙保里が宣伝しているR-1乳酸菌やヤクルトなどのシロタ株が有効と言われています

これらの乳酸菌は細胞を活性化させ、免疫力を高めてくれます

実験で、R-1乳酸菌を毎日3か月食べた人と食べない人を比べると、食べたグループのインフルエンザ患者が3分の1になったそうです

最近、発売されたカラダカルピスに含まれるCP1563株は肝臓や筋肉に作用して、体脂肪燃焼効果が期待出来るそうです

専門家が最も注目しているロイテリ菌は母乳から発見され、歯周病や歯肉炎抑制の効果が期待できるそうです

これは口の中で暫くためておくと効果が多いそうです

数年前から発売されているLG21乳酸菌は胃がん等の原因と言われるピロリ菌を減らす効果が期待でき、筆者の嫁は以前は毎日のように胃腸薬を飲んでいましたが、LG21ヨーグルトを食べ始めてからは、ほとんど胃腸薬を飲まなくなりました(ってことはピロリ菌がいるのは間違いないのに、病院で治療しようとはしないのが困ったものです)

食べる時間と一緒に食べるおすすめは?

専門家曰く、乳酸菌は急激には増えないと言い、1日200gを2週間以上食べ続けると効果が出るそうです

食べるタイミングとして、乳酸菌を摂取するのに効果的なのは、胃酸が薄まる食後がベストで、腸まで乳酸菌が届きやすくなります

また、豆類や海草などの食物繊維や、はちみつ・バナナ・納豆に含まれるオリゴ糖と一緒に食べると、乳酸菌のエサになるので、更に効果が望まれます

 

参考:テレビ朝日「グッド!モーニング」

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。