以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

子供の脳を変形させる親の行動とは

time 2017/11/10

子供の脳を変形させる親の行動とは

最新の研究では、幼少期のちょっとした親からの不適切な関わりや体験が、子供の脳を変形させてしまい、下手をすれば一生を左右してしまうと警告しています

親の不適切な教育を「マルトリートメント」と呼び、「マル」が「悪い」、「トリートメント」が「扱い」という意味で使われる言葉です

心無い言葉や暴力、育児放棄などにより、子どもの脳は極度のストレスを感じるとその苦しみから逃れようと自ら変形してしまうと言います

脳が変形したまま大人になると、うつ病になったり、視覚野や聴覚野など各部位に影響する危険性があると言い、児童虐待にまつわる子どもの相談件数は24年間で約80倍に増加しています

この“マルトリートメント”が深刻な問題になっているのです

夫婦喧嘩は子供に見せない

激しい夫婦喧嘩を見た子どもは視覚野の一部“舌状回”が正常な大きさよりも6%縮小し、語彙や理解力などが低下することがわかっています

「子どもの脳を傷つける親たち」著者の福井大学・友田朋美教授。ハーバード大学との共同研究で1500人の脳をMRIで調査したそうです

日本テレビの「世界一受けたい授業!」で著書である「子どもの脳を傷つける親たち」の内容を放送していたので、内容をまとめてみました

知らずにやっているマルトリートメントランキング

第5位「過干渉」

子どもが自己管理できる年齢になっても親がいきすぎた管理をしていると、信用されていないと子どもが思い、危険や恐怖心を感じる脳の“扁桃体”と呼ばれる部分が変形し、大人になった時いつもビクビクした人間になってしまいます

心配な時も子供を信頼して任せるようにしましょう

第4位「長時間のスマホやタブレット利用」

忙しい時や子供に大人しくしてほしい時に子供にスマホを与えていませんか?

3歳時の47.5%、9歳時の89.9%がインターネットを使用しています

長時間のスマホ利用は親とのコミュニケーションが極端に減り、右脳と左脳をつなぐ“脳梁”という感情をコントロールする部分が縮小してしまい、集団行動ができなくなってしまいます

スマホを渡すときは時間を決めるようにしましょう

第3位「風呂上がりに裸でウロウロすること」

もしも、子どもが本当に嫌がっているのにこれを続けると、性的マルトリートメントになってしまいます

これ以上見たくないと、視覚を司る“視覚野”が変形し記憶力や認識能力が低下してしまいます

第2位「兄弟や友達と比較する」

ほかの人と比べながら叱っていませんか?

子供のプライドを気づ付けてしまい、線条体という喜びや快楽を司る部位が縮小してしまい、成長してからアルコール依存症や薬物中毒に陥ってしまう危険があるそうです

子供はそれぞれ違うので、誰かと比較するのは止めて、本人と向き合ってください

第1位は「感情にまかせた暴言」

子供にとって、体への暴力よりも言葉の暴力は脳へのダメージが大きいことがわかっている

ダメージで聴覚野が開き、心因性難聴を患った例もあるそうです

子どもを叱るときは60秒以内で叱ることを心がけましょう

60秒以上は感情的になってしまい、暴言になってしまうのです

子供の褒め方

子どもを褒める時どんな言葉をかけると親子関係は良くなるのでしょうか?

正解は「助かったよ」で、感謝を伝えることで役に立っていると思い、脳にとっても良い効果があるそうです

子どもの脳を活性化させるあるコツは、子どもの言った言葉を繰り返すことで、子どもが積極的に会話するようになり、前頭前野が正常化するという研究結果が出ています

 

成長過程にある子どもの脳は柔らかく、回復力を持っているので、元に戻らないということはありません

正常にするためには、褒めることが重要だそうです

参考:日本テレビ「世界一受けたい授業!」

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。