以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

太らない体を作るために筋肉貯金をしよう

time 2017/11/04

太らない体を作るために筋肉貯金をしよう

年齢を重ねるごとに体重が増えやすくなったと感じていませんか?

10年前と比べて体重が5kg以上増えていると、筋肉貯金が減っている可能性があるといいます

筋肉を貯めておく筋肉貯金があると、太りにくい体になるのです

人間は筋肉があると体力があり活動量が増え、筋肉貯金があると基礎代謝が上がるため、太りにくい体になります

人間が日常生活で消費するエネルギーは、基礎代謝が6割~7割を占めており、基礎代謝は年齢とともに下がっていきます

50代の基礎代謝は10代後半に比べ、1日で200kcal少なく、これはお茶碗一杯分のご飯に相当します

では、太りにくくなる筋肉貯金はどのようにして貯めればいいのでしょうか

筋肉貯金の簡単チェック

 筋肉貯金が十分であるかはイス1つで簡単にできます

イスに座った状態から、片足で立てれば筋肉貯金があると考えてよいのですが、前にかがみ片足に体重を乗せ、反動をつけずに片足で立ち上がるというのが条件です

加齢で落ちてくる筋肉を今のうちに蓄えることで、太りにくい体を作ることができます

なお、太っている人の方が筋肉があると思われがちですが、筋肉が落ちるのも早いそうです

基礎代謝が上がる 筋肉貯金体操

ダイエットしやすい太りにくい体になるためには、サイズの大きい筋肉を鍛えると効率的で、全身の筋肉の70%が下半身であるため、下半身を鍛えると良いのです

下半身を鍛えるには、単純にスクワットが良いのですが、正しいスクワットで行わないと効果が出にくくなります

スクワットは背筋を伸ばしてひざとももだけを使うのは間違ったやり方で、ももだけでなく、お尻の筋肉を使うスクワットが正しいやり方だなのです

具体的な方法は、次の方法で毎日、10回くらい行ってください

①手を胸につけイスに腰掛けるようにしゃがんでいく

②体の力を入れっぱなしで動作することがポイント

ジョギングの前に筋トレでダイエット効果

体力を消耗している時に筋トレをしても効果が出ないので、ジョギングと筋トレをする場合は筋トレを先にするのが正解です

筋トレをすると成長ホルモンとノルアドレナリンが分泌され脂肪分解を進めるため、先に筋トレをして、後にジョギングをすると脂肪を分解しやすくなります

このジョギングは軽い運動でも脂肪を燃焼しやすくなります

下半身を鍛える ハード筋肉貯金体操

 専門家が推奨する 更に強力な下半身を鍛えるハード筋肉貯金体操を紹介します

①準備運動はその場で動かずに走ります

これを1分間行い、かかとがお尻につくくらい蹴り上げるのがポイントです

なお、ランニングは筋トレの跡が良いと書きましたが、これは準備運動です

②続いて20秒間のスクワットで、肩幅に足を広げて、骨盤をやや後ろに引き、両手を上に上げ、真っ直ぐ腰を落とします

手を上げることで前かがみにならないことと、腹筋も鍛えられるというメリットがあります

③10秒の休憩を挟みます

④ランジステップを行います

足を前後に開き、ヒザがつく程度に前に踏み込み、立ち上がるを交互の足で繰り返します

⑤再び休憩を10秒

⑥先ほどの②と同じスクワットを行います

 

このスクワットとランジステップを1日1回4セット行うと筋肉貯金ができやすくなります

 

参考:テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。