以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

かえったばかりのヒナの気持ち

time 2017/10/24

かえったばかりのヒナの気持ち

日清のどん兵衛って関東と関西で味が違うのは有名な話ですが、実は北海道バージョンが存在しているそうです

食したことはありませんが、北海道バージョンは出汁が甘目の味付けなんだとか

誰か北海道に行くときに買ってきてもらおうっと

そう言えば、どん兵衛の天ソバですが、東日本版をコンビニで買うと”つゆ”が液状でスーパーで買うと粉のようです

関西版が液状の”つゆ”とは聞いていましたが、ネットで調べても何も指摘がありません

最近はコンビニと差別化するために、きつねうどんは”あげ”が二枚入っているらしく、その関係なのかもしれませんが、筆者の勘違いなのかもしれません

 

と、全然関係ない前置きですいません m(_ _)m

本題に入らせていただきます

 

鳥のヒナは卵の中で声が聞こえているそうで、親もそれを知っていて、いろいろと鳴き声を聞かせているそうで、タマゴから出るとすぐに親と認識するようです

そして、親と触れ合い、体温を感じることで、安心感を得ることができ、エサをもらうことで鳥らしい幸福感を得られるそうです

人に慣れさせようと早く親から引き離すといったことを行うと、この幸福感を感じることができず、鳥さんの精神上は悪くなり、ワガママ鳥になったりすることもあるそうです

ヒナが人間と出会うとき、人間はヒナからすれば初めて見る大きくて怖い動物で、大いに恐怖を感じるはずです

怯えるしかないヒナですが、空腹になると本能的に生きようとし、人間がエサを与えてくれ、親とまではいかないまでも世話をしてくれることで、徐々に恐怖が親しみに変っていくそうです

「だったら生まれる前に親から引き離せばいいじゃない」という意見もあるようですが、最初から人間に育てられると、世話をする人が変わった時に混乱して人間に懐かないケースが出てきてしまうそうです

親のぬくもりを知り、人間は仲間であることを認識することで、鳥さんは成長するようですね

そのため、新しい鳥さんを家にお迎えするときは、慣れるまではケージから出さずに遠巻きで眺めてあげて、大人の鳥さんと比べヒナであるほど慣らす時間を長く確保してあげてください

どんなに可愛いと思っても、ふれあいはガマンしましょう

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。