以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

頭痛や腹痛…痛みの原因は「足の小指」

time 2017/10/16

頭痛や腹痛…痛みの原因は「足の小指」

これまでは暑い夏だったためサンダルを履く機会が多かったと思いますが、これから気温が下がってくると暖かい靴に履き替えると思います

ところが、サイズが合わない靴や締め付けのきついブーツを履いていると、頭痛や腰痛などが出てしまうことがあるそうです

その原因は締め付けによる足の小指のトラブルによるもので、実際にどんな影響を及ぼすのでしょうか

靴の生活が影響している

専門家によると、足の小指の機能が低下している人は日本人の実に8割以上いるとしており、様々な不調をも起こします

足の小指はセンサーの役割をしており、脳に床や地面の状態を伝えてくれるのです

また、足の小指は中殿筋と言われるお尻の一部の筋肉に繋がっており、歩くバランスを取る役割を担っています

昔はぞうりや下駄を履いており、小指で踏ん張りながら歩いていましたが、現代は靴と靴下などで締め付けることで、小指が使われなくなってきています

また、ハイヒールは小指と薬指が同じ動きになってしまうため、更に良くない影響を与えています

足のバランスが体調不良を引き起こす

普通に生活していて、タンスに足をぶつけてしまうことがありませんか?

これは小指の機能が低下することで、脳が小指があることを認識しないためなのです

人間の足はかかと・親指・小指の3点でバランスを取っていますが、小指が衰えると、踏ん張りがきかずに重心が外側に向かってしまいます

外側に向かった体のバランスをとろうとして、足がO脚になってしまい、腰痛、頭痛、肩こりなどが起こってしまいます

他にも括約筋の働きが弱くなり、尿漏れの原因にもなります

足の関節が消える

そして、もっと悪化すると、足の小指のが固まってしまいます

通常、小指の骨は3本の骨が2つの関節でつながっているのですが、指先の関節が退化して、2本の骨と1つの関節に退化してしまうのです

足の小指の機能チェック法

自分で足のトラブルをチェックする方法です

問題がある小指は、爪が小さくなっています

目安としては薬指の爪の半分ぐらいです

靴の圧迫によって爪が分厚くなっています

他にも白っぽくなり、ザラザラになっており、他の爪より伸びにくくなっています

どれか一つでも思い当れば、トラブルと言えるでしょう

足の小指機能の改善法

足の小指をやや痛みを感じる程度ひっぱり、はじくように離します

これを片足1~2分ずつ行うと、血行がよくなり、機能改善の効果があるそうです

また、素足でゴルフボールを足の小指でつかみ両足で5分程度行うと改善するそうです

 

参考:テレビ朝日「グッド!モーニング」

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。