以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

薬は飲む時間帯によってキキメが変わるのです!

time 2017/10/11

薬は飲む時間帯によってキキメが変わるのです!

今年のノーベル生理学医学賞は、体内時計を制御する分子メカニズムの発見をしたジェフリー・ホール氏らが受賞しました

この発表を受けて、体内時計という言葉が話題になっています

この体内時計は「朝起きて夜寝る時間を体が覚えている」という単純なものでは無かったのです

実は病気を発症するタイミングにも体内時計が関係しているというのです

症状悪化する時間帯

体内時計は生体リズムを調整しており、昼は体と心が活動状態にあり夜は休息状態を作り出します

この体内時計により、体温・血圧・免疫・代謝に関係しており、体内時計と病気には関係性があるのです

時間帯によって発症しやすい病気があり、夜から朝にかけては皮膚科便・気管支ぜんそく・関節リウマチが発生しやすく、アサは脳梗塞や心筋梗塞、昼から夜にかけては高血圧症やじんましんを発症しやすいそうです

悪化の時間を把握して投薬すると効果が上がるということで、医学界では体内時計を利用した体内リズムで薬の飲み方を変える時間治療というものがあるのです

症状別の薬の飲み方

心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすのは「動脈硬化」で、悪玉コレステロールや血液がドロドロになることが要因と言われています

心筋梗塞などの原因となる悪玉コレステロールは、16時から17時の間に増加して、血圧も上昇します

この時間帯に投薬すると効果的に悪玉コレステロールを減らせるのです

研究によると、朝と夕方に同じ薬を飲んで比較したところ、効果的な時間帯である夕方に薬を飲んでいる人たちのコレステロールが10%も低かったそうです

 

様々な痛みにも時間治療が有効で、専門家は夜から朝に欠けて痛みが強くなることが多いと指摘します

夜から朝にかけて体内リズムを刻むホルモンが活性化し、神経を刺激することで痛みが発生するので、寝る前に抗炎症薬に飲むと効果的です

ところが、この体内時計ですが生活習慣の乱れや加齢によりずれてしまいます

そのため、体内時計をリセットして、規則正しいリズムを刻むことが重要になります

“体内時計”リセット法

体内時計をリセットするには、まず同じ時間に朝日を浴びることです

理由は朝日が視神経を伝い脳が刺激され、体が朝を記憶してくれます

また、朝食は同じ時間に胃腸を動かすことで脳が朝を認識してくれます

この時のお薦めメニューはイチローで有名になった”朝カレー”で、野菜カレーに半熟卵が炭水化物とたんぱく質の栄養がバランスよくとれ、代謝UP・スパイスで体温が上昇するため、理想的だそうです

 

参考:テレビ朝日「グッド!モーニング」

sponsored link

コメントを残す

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。