以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

18℃以下はNG?寒い部屋は寿命を縮める?

time 2017/10/09

18℃以下はNG?寒い部屋は寿命を縮める?

北海道での暖房は家ごと暖めるのが常識だそうで、冬でも家ではTシャツ一枚で生活できるほどだそうです

東京に住む筆者はインコたちを飼うようになってからは部屋の温度を高めに設定していますが、それまでは光熱費ももったいないので、少し部屋が寒くても厚着することで冬を過ごしてきました

ところが、部屋の温度は健康に重要だそうで、室温が18℃未満が続くと心臓、呼吸器、脳に深刻な症状が起きるというのです

これからの寒くなる季節に備えて、寒い家に潜む危険性とお得な解決法をご紹介します

室温13℃で6歳老化する?

専門家が高知県の梼原町で1100人を対象として10年間調査を行い、室温と健康の関係がわかったそうです

室温18℃未満の家に住む人はそうでない人より6~7倍も高血圧になりやすく、これは加齢や喫煙よりも発症確率が高いそうです

更に13℃の家に住む人は、16℃の家に住む人より、脳が6歳老化しているというのです

海外では常識

過度な寒さは基本的人権の侵害だと考える国もあるそうで、イギリスではセントラルヒーティングで室温18℃未満の賃貸住宅は、改善・解体命令が出るそうです

イギリスにおける住宅内の温度は21℃が推奨温度としており、18℃未満だと血圧上昇・循環器系疾患、16℃未満だと呼吸器系疾患の抵抗力低下すると言われています

また、日本よりも平均的に寒い地域が多い中国では、二重窓が常識になってきているそうです

室温が高くなるメリット

また、別に断熱効果の低い家から高い家に引っ越した2万4000人を調査した結果、気管支ぜんそくやアトピー性の皮膚炎、鼻炎が改善されたそうです

専門家によると心疾患のリスクが減少し、夜間頻尿が減少、更に家の中で動く量が増えるために筋肉が衰えなくなるといいます

室温を高くする方法

冬に家から流出するのは、屋根や壁、床などがありますが、最も多いのは窓で、窓から6割近くの熱が流出しています

安価に出来るのは緩衝材(プチプチシート)を窓にはることで、専用のものが売られています

窓の下に熱が縫いげないようなボードを置くことで、すきま風を防止が出来、千円程度で購入できます

しかし、最も効果的なのは、内窓の設置で、これは自治体によって補助が出る場合があり、東京都の場合は最大50万円だそうです

 

参考:テレビ朝日「グッド!モーニング」

sponsored link

コメントを残す

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。