以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

夏に急増!あなたの歯をボロボロに溶かしてしまう酸蝕歯とは?

time 2017/08/28

夏に急増!あなたの歯をボロボロに溶かしてしまう酸蝕歯とは?

夏の飲み物といえばビールやスポーツドリンクですね

しかし、これらの飲み物を飲んだ後に何もせずに放っておくと、歯が溶けたり、歯が抜けたりする酸蝕歯(さんしょくし)という病気のリスクが高くなるというのです

この暑い時期に気を付けたい酸蝕歯について調べてみました

4人に1人が歯が解ける酸蝕歯

専門家によると「15歳から89歳の男女1108人のうちに調べた所、4人に1人が酸蝕歯」というデータがあるそうです

虫歯が歯の一部が黒くなるなどの局部的なものなのに対して、酸蝕歯は口の中の広範囲が溶けてしまうものだとしています

最終的には歯が溶けて神経がむき出しになり、最悪の場合に抜歯することになるそうです

夏に患者が増加する

夏になると増えるのは何故かと言うと、アルコール飲料やクエン酸を含むスポーツドリンク、酢の物や果物など酸性の強いものが多くなり、これが酸蝕歯になりやすくなるのです

問題なのは飲酒後に就寝するなどの行動をすると、就寝中は唾液が出なくなるために、酸を流すことが出来ず歯が溶けてしまうそうです

また、夏は唾液が出にくくなるということも理由の一つでだそうで、60歳以上は唾液の分泌量が減少するため、患者の4割以上が60歳以降と言われています

問題なのは初期症状が気づきにくいことで、熱い・冷たいものがしみることから始まり、歯の表面が透けていき、歯の表面のエナメル質が溶け、内側の象牙質が現れることで歯が茶色くなっていきます

酸蝕歯にならないために

飲食後にすぐ歯磨きをする人が多いと思いますが、実際は食後すぐの歯磨きは食後の酸がエナメル質を削ってしまうので逆効果です

食後はうがいをする程度に留めておき、唾液が酸を流してくれる30分後に歯を磨くのが最適だそうです

普段よりの予防運動として、耳の横にある耳下腺と顎にある舌下腺のマッサージでだ液を多く出すことがおすすめだそうです

 

抜歯が増えてしまうと総入れ歯にもなりかねません

お互いに歯を大切にしましょう

 

参考:テレビ朝日「グッド!モーニング」

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。