以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

インコにNGを伝える

インコと共に一つ屋根の下で暮らしていくには、インコと飼い主さんとの間にルールを作る必要があります

ルールは放鳥に関することが多いと思うのですが、例を挙げると「放鳥の時には部屋の窓を閉める」「放鳥は朝と夜に1回づつ」「1回の放鳥時間は1時間が目途」なんていうのがありますね

このルールをお互い(特に飼い主さん)が守らないと、飼い主さんとインコの信頼関係が成り立ちにくくなります

そんな中でも重要なのが、やってはいけないことをやろうとしたときにNGであることを伝えることです

例えば自分に向かって飛んできてほしくない時、手のひらをインコに向けたポーズをして、「ダメ!」と言ったりします

インコはポーズや言葉で「ダメなんだな」と理解します

こちらへ飛んで来ようとしているかは、毎日インコを観察していれば、飛ぶ前に独特のポーズをとり、飛んでいきたい方向へ体と顔が向いているので、「こっちへ飛んで来ようとしている」とわかると思います

また、何かをカジろうとしているとき、「今からカジるよ」という動きを見せるのでわかると思います

ちなみに我が家のインコは「これをカジったら怒られそうだな」と思ったときは、こちらの顔色を伺います

 

同様に言葉やジェスチャーで「やってはいけない」という指示を決めておくと、意思が伝わりやすいですね

その中で、やってはいけないことが一つあります

「◎◎ちゃん!ダメよ」と名前を先に呼んでしまうことです

その言葉を聞いたインコは、「叱られた?」はたまた「名前を呼ばれた?」と判らなくなってしまいます

我が家ではインコへの意思疎通は単語一言にしています

「ダメ!」「おいで!」というように心がけているのですが、ついつい「こら!モモちゃん ダメでしょ」と言ってしまったりします

言われた本人は混乱していることでしょうね・・・言う度に、一単語に言い直して反省しております

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。