以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

鳥さんの睡眠について

お宅で飼っている鳥さんは日の入りと共に寝て、日の出と共に起きていますか?

人間と生活するうえで、そんな野生下での生活のような睡眠サイクルと確保できている鳥さんはまずいないでしょう

逆にそんな鳥さんは人間に構ってもらえていないのではないでしょうか

人間の生活に合わせている鳥さんは夜の睡眠時間が短い上に、飼い主さんがいない昼間は暇なので昼寝をしているのではないでしょうか

 

鳥さんは体長が悪い時にエサを食べなくなることがあります

元々体重の軽い鳥は少し絶食しただけで体重が落ちやすくなり、命に係わることも珍しくありません

そのため、獣医さんによっては夜も電気を点けっぱなしにするようにアドバイスする方もいるようです

その理由は、鳥さんは暗い間は餌を食べないのとともに、明るくても眠ることがあるため、眠くなれば睡眠をとることができるという理由からだそうです

 

ただ、鳥さんは空を飛ぶために、体重を軽くする必要があるため、骨がスカスカな構造になっています

頭の骨も同様に薄くできているため、光を浴びると脳に直接刺激を受け、眠っていても明るさを感じることができるそうです

そのため、明るい場所で眠っているように見えても、うたた寝の状態なため、熟睡するためには暗くする方が良いとする人もいます

 

捕食される側のインコなどは、すぐに逃げることができるように普段より熟睡しないので、「熟睡できなくても同じなのでは?」と思ってしまいます

とは言え、人間に飼われていて、常に安全なことに慣れてしまった鳥さんは、ケージ中でも人間のように熟睡する子もいるようです

ウロコインコなどは背中を床に付け、ひっくり返って寝る子もいるそうで、飼っている人は「死んでいるのか?」とビックリすると聞いたことがあります

 

夜中に熟睡できないオカメインコなどは、夜中に大きな音がすると驚いて暴れだす”オカメパニック”になったりします

せっかく安全なケージの中で眠ることができるので、可能であれば熟睡してほしいものですね

ちなみに、我が家のモモイロインコのモモちゃんは、夜中に”いびき”のような音を立てることがあります

本当にいびきなのかわかりませんが、インコショップの人も、鳥専門の獣医さんにも「いびきをかくなんて、聞いたことが無い」と言われました

不思議です(;´Д`)

sponsored link

コメントを残す

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。