以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

北朝鮮の核ミサイルを迎撃しても電磁パルスで日本は大混乱に

time 2017/07/17

北朝鮮の核ミサイルを迎撃しても電磁パルスで日本は大混乱に

ここ最近、北朝鮮ではICBM大陸間弾道ミサイルの発射実験の成功を祝う行事が連日行われています

迎撃システムの配備で核の被害は、ある程度は防げると言われていますが、核ミサイルの迎撃が出来たとしても日本に壊滅的なダメージを与える脅威は残ると専門家が指摘しています

北朝鮮の核の脅威!

北朝鮮の核ミサイルの開発はこれまでに5回の核実験をしており、今月4日、ICBM発射に成功しました

米研究チームの分析では、北朝鮮の核能力について、2年以内に核弾頭を有してアメリカ西海岸を攻撃できる能力を持つのではないかとしています

専門家は国連の安保理で北朝鮮の経済制裁が発動した場合、それに反発する形で来月に6回目の核実験を行う可能性があるとしており、北朝鮮のミサイルに搭載できる核爆弾は小型化を進め、20キロトン級の威力があるとしています

この威力は爆心地から1km以内の建物はほぼ全壊し、爆心地1km以内なら爆風によってガラス片が爆丸と同じスピードで飛ぶそうです

爆心地から1.5km以内にいた人の6~8割が死亡という被害を想定しています

迎撃ミサイル防衛は?

これに対する迎撃システムはSM3は高度1000kmまで迎撃でき、THAADは韓国に配備されており高度150kmあたりを迎撃できます

さらにPAC3は日本国内に設置しており、高度20kmを迎撃します

これらが北朝鮮のミサイルを迎撃した場合、誤爆しないように安全装置搭載で核爆発は起こさず破壊することが出来るのではないかとしています

ただし、核爆発を起こす可能性もあるとしており、その場合は電磁パルスによる被害が出る可能性があるとしています

核爆発により起こる電磁パルスとは

仮に上空30~400kmの大気圏内で核爆発が起こると、放出されたガンマ線が大気中の分子と衝突し、強力な電磁パルスという電磁波が発生します

この電磁パルスは人体や建物には影響はありません

ところが、電子機器は破壊されてしまうのです

電子機器が破壊されると

電子機器が破壊されると、電気・ガス・水道を制御するシステムがダウンし、これらのインフラがストップします

当然、物流も止まるため食料などの物資が運ばれなくなります

ATMも止まり、病院では生命維持装置が停止してしまうのです

専門家は、これらのシステムの復旧には数週間から数年かかるとしています

被害の範囲は?

これらの被害の想定は前例があります

1962年、アメリカが太平洋で行なった核実験時の際に300km離れたハワイ・オワフ島で電子機器が破壊され、停電が発生しました

仮にこれが日本上空で電磁パルスが起きた場合、ほぼ日本列島全域で影響が出るとされているのです

 

中国もロシアも北朝鮮に制裁を与えられずにいるので、何とかしてもらいたいものです

 

参考:テレビ朝日「グッド!モーニング」

sponsored link

コメントを残す

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。