以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

まるで松居一代?離婚調停で壊れる女たち

time 2017/07/15

まるで松居一代?離婚調停で壊れる女たち

テレビのワイドショーでは、連日にわたり松居一代と船越英一郎の離婚騒動を報じています

Youtubeに上げている動画は怒りのあまりに正気を逸している様子ですね

最高裁まで離婚裁判で争うと言っているそうですが、司法統計によると離婚申し立てをしてから終局するまでの期間が1年以内というケースは減少傾向にあり、1年を超えるケースは年々増加し続けています

松居一代のように長期化する離婚調停の前後に異常な行動をとる女性が多いそうです

離婚宣告された妻の仰天行動

夫は専業主婦の妻と娘と3人で暮らしており、仕事は大手企業に勤務しており高収入です

そのため、朝から晩まで働く忙しい毎日を送っていました

ある日、妻の様子がおかしいと思い、夫は妻の携帯を調べると不倫と思わしき証拠を見つけます

妻にこの件を問い詰めると、明らかに嘘と分かる弁明で不倫を否定しました

納得できない夫は妻に離婚宣告します

するとその次の日、娘に「パパに捨てられる」と泣かれてしまい思いとどまりますが、妻は娘をそそのかしていたのです

しかし、その3カ月後、夫は妻の不倫現場を見てしまい、遂に離婚宣告し離婚調停を起こします

その1週間後、夫は上司に呼び出され、「君が不倫していると妻に泣かれた」と言われます

妻は上司に嘘の不倫相談を持ちかけていたのです

更に妻は近所に夫の不倫デマを発信し続けていて、夫は周囲から白い目で見られ、離婚調停は泥沼化していくのです

この場合、妻は間違ったことしているが、その現実をわかっていません

不倫をしても離婚を言い渡されるとは思っていなかったそうで、高収入で家に長時間不在という都合のいい夫を手放したくないのだそうです

更にプライドが高く、夫に見限られたというのは嫌で「私が捨てられるわけがない、夫の愛を奪った相手がいる)と思うようになるのです

しかし、これは妻側が不利になる行為であり、名誉毀損罪の可能性もあります

不倫されても離婚しない 妻の狙い

次のケースは、夫より妻の方が圧倒的に高収の夫婦です

ある日 突然、夫は妻に離婚を切り出します

妻はまさか夫が離婚を望んでいるとは思っていませんでした

そして、夫は家を出て、調停を起こします

不倫を疑った妻は探偵に調査を依頼し、2年前から夫は、不倫をしていたことをつきとめます

そして、離婚騒ぎで夫の父が話し合いをしに夫を連れて家に来ます

夫と妻と義父の3人での話し合いがもたれた場で、妻は夫の不倫の証拠を義父に見せます

騒ぎの原因を知った義父は、「離婚してもかまわない、慰謝料も払う」と言ったのですが、妻は離婚しないと言うのです

不倫されて慰謝料も取れるのに、なぜ妻は離婚しないのか

離婚しない理由の1つ目は、「自分の財産をとられたくない」ということです

離婚後、婚姻中の財産は夫婦折半となるため、収入の多い妻は「夫に財産をとられてしまう」と考えたのです

慰謝料は多くても300万円だが、それを貰っても自分の財産が1000万円も取られると差し引きで損になります

さらに、心理面では離婚後に夫は不倫相手と再婚することが予想でき、「夫に幸せになってほしくない」という思いがありました

「相手も幸せにしないようにしてやろう」ということで離婚をしないという決断をするのです

意外と知らない離婚の常識

このケースで意外と知らない離婚の常識は「不倫をした側から離婚を申し出ることはできない」ということで、これを「有責配偶者」といいます

自分で家庭を壊しておいて離婚するということは社会通念上許されないという裁判所の考えからです

ただ、別居期間が長く続いていて、他人だと認められれば離婚という形になることがあるので、注意が必要です

 

妻に不利になる行動を繰り返す松居一代は一体何がしたいのでしょうね(;´Д`)

 

参考:フジテレビ「ノンストップ!」

sponsored link

コメントを残す

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。