以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

インコが言葉の意味を理解するのは大変です

time 2017/07/20

インコが言葉の意味を理解するのは大変です

インコは動物の中でも知能レベルが高いと言われています

専門家の研究によると、インコは人間、自分、他の鳥、リンゴやミカンなどにも、それぞれ名前があることを理解しているそうです

さらに、それらのものが目の前になくても、名前を呼ぶことで共通認識を持つことを理解できているそうです

 

なかでも、最も賢いと言われているヨウムは会話ができるそうです

アメリカの研究では50以上もの物の名前を憶えており、識別して使うことができたと言います

さらに、単に”リンゴ”だけではなく、”赤いリンゴ”のようにリンゴには色があり、色にも名前があることも理解できているそうです

素材が異なる2つのオモチャを見せた時に「ちがうところは?」と質問すると、答えることができたり、簡単な足し算もできるそうです

そのヨウムは言葉を識別するだけなく、色や数、形や素材、ものの大きさ、違いや共通点を理解できていたということです

ん~恐るべしヨウム!

 

ところで、我が家のおしゃべり担当であるモモイロインコのモモちゃんは、「こんにちわ」「いい子ね」「モモちゃん」などなど、そこそこの言葉は覚えたものの、会話できるとは言い難いです

とはいうものの、少しは会話してみたいので、トレーニングを続けています

「お名前は?」とか、「誰ですか?」と聞いたときに「モモちゃんだよ」と話せるように頑張っています

これまでは、こんな感じで会話が成立しませんでした(初公開ではありません)

最近は時々、返事を返してくれます

意味を分かっているとは思えませんが、、、、

モモイロインコは賢い部類のインコと聞いていたのですが、こんなものなでしょうかね

トレーニングに問題があるのかしら・・・

sponsored link

コメントを残す

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。