以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

都民ファーストは東京大改革を実現できるか

time 2017/07/05

都民ファーストは東京大改革を実現できるか

7月2日の都議会議員選挙は都民ファーストの会の圧勝に終わりました

なぜ「東京大改革」という旗印を掲げていたかというと、都議会は議会改革度ランキングで47都道府県中36位だからだったのです

専門家によると都議会は全国有数の”問題”議会だと言われています

その問題点とは?都民ファーストの会はそんな都議会を変えることができるのでしょうか

議会改革度調査で47都道府県で36位

小池都知事が都議会議員選挙でスローガンにしていた「都議会の改革」ですが、選挙で大勝し第1党となった都民ファーストの会、あとは実効あるのみとなりました

そもそも都議会は議会改革度調査で47都道府県で36位だった主な理由は「常任委員会の動画公開なし」、「住民との直接対話なし」、「政治倫理条例なし」などがあげられています

特に政治倫理について、「都議による新銀行東京への強引な融資斡旋」、「都議が役員を務める会社への都の工事発注」などが見逃されてきたことについて、都民ファーストの会が「利権を一掃する」と訴えてきました

都議会の公用車問題

今回の選挙にあたって都民ファーストは基本政策を14掲げ、さらに、細かい政策377もあげました

特に、この内の1つに公用車問題があるのです

公用車について大阪府議会は全廃(議長・副議長除く)しましたが、都議会は2015年には約2億円の予算がつぎ込まれており、まさに「公用車天国」なのです

これらの公用車は、議長と副議長に各1台ずつ、自民党に4台、公明党に2台など、会派に優先的に与えられており、議員の数で分配されて全22台あるのです

さらに、公用車の使用日数上位3人はいずれも自民党のベテラン議員で180日以上使用されていますが、議会開催は90日ということなので、それよりも大幅に多い日数を使っているのです

さらにさらに、この上位3名は定例会での質問回数は0回と働いているとは思えないのです

今回都民ファーストの会は公用車を廃止すると言っています

経験不足の都民ファースト

これを都民ファーストの会はどのように変えていくのでしょうか?

今回、127議席の内55人当選したのですが、その内39人が新人で未経験者です

都の職員は「経験不足の議員が多いことを心配している」そうです

ます、議長を出す会派だが、通例は議長は第1党から出すのですが、この役職は当選5~6回のベテランでないと難しいとしていますが、都民ファーストの会には当選5~6回のベテランがいません

そのため、公明党から出すのでは?」と言われています

そして、今後の日程は7月23日 任期スタート→代表者会→8月上旬 臨時会→9月 定例会となり、7月23日までに新人教育を終えなければならないことになり、とても厳しいスケジュールです

過去にも2009年民主党が第1党になったときはスケジュールが押し込んだこともあったそうです

 

議員が一掃されたのだから、時間がかかるのは当然のことです

不安だらけですが、自民党よりマシと思って期待しましょう

ちなみに筆者は自民党にも都民ファースト以外に投票しました

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。