以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

大腸がんや認知症を予防する万能ホルモン「マイオカイン」って何?

time 2017/07/09

大腸がんや認知症を予防する万能ホルモン「マイオカイン」って何?

最近医学界で注目されている「マイオカイン」という万能ホルモンをご存知でしょうか

このホルモン、実は運動で筋肉から分泌されるらしいのですが、大腸がん・糖尿病・認知症などの予防に効果があるとされているのです

このマイオカインを増加させる効果的な方法を紹介します

筋肉分泌するホルモン「マイオカイン」

2005年にコペンハーゲン大学の教授が発見した全身の骨格筋から分泌されるホルモンを「マイオカイン」と名付けました

このマイオカインは食事や運動で増加させることができるのです

また、日本では9月の学会で初めてマイオカインをテーマに討論会が行われるそうです

筋肉から30種類以上のホルモン分泌

マイオカインは大腸がん・認知症・糖尿病・動脈硬化などの予防に期待できます

このマイオカインというのは、一つのホルモンではなく筋肉から分泌されるホルモンの総称で、30種類以上が確認されており、それぞれ体に働きかける作用が異なります

完全解明されれば健康寿命が伸びるため医療費の大幅削減されることを期待されています

例えば、筋肉から分泌されるホルモン・マイオカインの中には大腸がんに対し自ら消滅するよう働きかけるホルモンや、糖や脂肪を分解することで糖尿病を治すことができるホルモンなどが確認されています

いずれも筋肉から分泌地されているのが特徴です

筋肉量減ると「マイオカイン」も減少

マイオカインを分泌する筋肉は30代を過ぎるころから減少し始め、何もしないでいると1%ずつ減少しまうのです

しかも、女子大学生の約3割は筋肉不足という調査結果もあり、これは過度のダイエットなどで筋肉が不足していると言われています

そのため老若男女気をつけなければいけないのです

 筋肉分泌「マイオカイン」増やす食生活

食べ物はタンパク質が多いものがオススメで、運動後1時間以内の乳製品を採ることが効果があるそうです

また、ハチミツやチョコレートなどの糖類を同時に摂ると、たんぱく質が筋肉に変わるのをサポートしてくれるので良いそうです

 下半身の筋肉鍛え「マイオカイン」効果

マイオカインを効果的に分泌するには、一番大きい筋肉である下半身の筋肉を鍛えるのが効果的です

普段より屋外では3分間隔で早歩きと通常の歩きを繰り返すインターバル走法を行いましょう

また、屋内では椅子に座るようにスクワットを10回、時間をおいて1日3セット行うのが良いそうです

 

さぁ簡単な運動で、筋肉を増やしてマイオカインも増やしてしまいましょう

 

参考:テレビ朝日「グッド!モーニング」

sponsored link

down

コメントする




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。