以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

悪い汗が悪臭、夏バテ、熱中症の原因に

time 2017/07/01

悪い汗が悪臭、夏バテ、熱中症の原因に

今年の梅雨は意外に短いとも言われていますが、本格的な夏はすぐ近くまで来ています

暑くなると汗をたくさんかくようになりますが、汗には良い汗と悪い汗があり、悪い汗をかく人は夏バテや熱中症になりやすく、更に体臭も嫌な臭いになるのです

では、良い汗と悪い汗は何が違うのでしょうか?

汗で体温調整するのは人間だけ

人間と他の動物の最大の違いは脳の能力です

優秀な人間の脳細胞は温度の変化に敏感で、とりわけ高温には弱いのです

そのため、体温調節は重要で、汗をかいて蒸発するときに体の熱を奪うことで体温の上昇を抑えることで、脳が損傷するのを守るのです

人間の脳にとって汗をかくことは大変重要な仕事なのです

良い汗はサラサラで無臭

汗は血液から作られており、汗をかく際に血液中のミネラル分が体外に出ないように汗腺でろ過されています

ところが、汗腺のろ過が機能していないと、汗と一緒に血液中のミネラル分が体外に出てしまいます

悪い汗はミネラル分が出てしまう汗で、ベトベトで嫌な臭いになるうえにミネラルを失うことで、熱中症や夏バテになりやすくなります

更に汗と共に体外に出たミネラル分が皮膚に残り、参加した古い皮脂ち結びつくことで雑菌が繁殖しニオイの元になります

汗がべたつく時は乾いたタオルよりは濡れたタオルで皮膚の余分な皮脂や汚れを取りましょう

一方の良い汗はサラサラで、すぐに蒸発する上にニオイもありません

良い汗はきれいな体を作ります

良い汗は体温調整だけでなく、体内の浄化や美肌造りにも役立ちます

・良い汗をかく

・代謝が盛んになり、血行が良くなる

・老背部血液型否の老廃物を回収して腎臓へ運ぶ

・尿と共に老廃物を体外に排泄する

・老廃物が体外に出ることできれいな体に

・細胞が生き生きと働く

・良い汗をかく

・・・・という良いサイクルが出来上がります

良い汗をかくには

良い汗をかけるかどうかは、年齢ではありません

普段どんな環境で生活をしているかによって大きな個人差が出ます

結局は普段より汗をたくさんかいていれば、汗腺のろ過機能が復活して、徐々に良い汗をかくことができます

ところが、近年はエアコンの普及により暑い夏でも汗をかかず、汗腺を働かせる機会が減っています

汗をかかない生活をしていると、汗腺のろ過機能は退化して良い汗がかけなくなってしまうのです

普段より良い汗をかくには、ウォーキングなどで体を動かし、冷房の温度は下げ過ぎずに外気温マイナス5℃程度にしましょう

また、入浴の際に37~38度のぬるめの半身浴で汗をかくのもオススメです

 

さぁ、たくさん汗をかいて夏バテを避けて、汗臭さともサヨナラして、快適な夏を過ごしましょう

sponsored link

down

コメントする




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。