以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

肉をしっかり食べないと栄養失調になる?

time 2017/06/27

肉をしっかり食べないと栄養失調になる?

以前は肉を食べると太ると言われていましたが、最近では肉食ダイエットもあるくらいに肉を食べることが見直されてきました

また、高齢者ほど肉を食べたほうがいいと言われており、肉を食べないと栄養失調のなってしまうこともあるそうです

1日3食食べても低栄養

厚生労働省の調べでは、65歳以上の6人に1人が低栄養としています

その内訳は1日に3食の食事をとっているものの、炭水化物(米・パン・麺類)が中心でたんぱく質が不足している食生活が原因なのです

とくにアルブミンが不足していると言われており、アルプミンはタンパク質を分解してできる物質のことです

アルブミンの採り方

高齢者はアルブミンを作る力が弱まっているために、血管や筋肉が作られなくなり、免疫力が下がり病気になりやすくなってしまいます

体内にアルプミンを効果的に作り出すなら、肉を食べることがオススメです

L-カルチニンは、脂肪燃焼が期待できる

牛肉を食べよう

牛肉に含まれるL-カルニチンは脂肪燃焼が期待でき、脂肪を筋肉に運んでくれることで、筋肉が脂肪を燃焼してくれますます

逆にL-カルニチン不足すると、筋肉が燃焼しないため、エネルギーも出ず、脂肪も体内に蓄積されてしまうのです

では、牛肉を食べるのは、霜降りと赤身のどちらを食べればいいのでしょう?

正解は赤身肉で、赤身の肉に亜鉛が含まれているので筋力低下防止になる

焼肉で食べるべき部位

牛肉と言えばステーキもいいのですが、部位を選べる焼肉では何を食べればいいのでしょう

タンにはタウリンが含まれ、疲労回復効果があり、カルビ・ロースには、L-カルニチンと亜鉛が含まれ、脂肪燃焼や筋肉の低下を防止できます

また、レバーには、鉄分・ビタミンAが含まれ、美肌効果があり、ハラミは鉄分が含まれ、免疫力がUPするそうです

豚肉を食べるなら

豚肉のビタミンB1は認知症予防が期待できるそうです

脳には糖が必要で、ビタミンB1は糖を脳に伝える作用があるのです

豚肉のオススメ料理はとんかつで、ビタミンB1は水溶性で熱に弱いのですが、とんかつの衣はビタミンB1の流出を防いでくれます

更にキャベツには消化をたすける酵素も含まれているので、理想的です

なお、とんかつはロースよりヒレの方が、ビタミンB1を多く含んでいるので、ヒレカツを選ぶようにしましょう

鶏肉を食べるなら

鶏肉にはイミダゾールジペプチドが含まれ、血管の老化防止を期待できます

体内の活性酵素を取り除き、血管を若く保ってくれます

鶏肉のオススメはからあげで、衣をつけることで栄養素が流出しにくいのです

どのくらい食べるのがいい?

何事も食べすぎは良くありません

一日の肉の摂取量は、男性で60グラム、女性で50グラムが必要です

目安は豚肉なら薄切り2-3枚、鶏のからあげなら2-3個を目途に食べるようにしましょう

 

参考:テレビ朝日「グッド!モーニング」

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。