以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

現代の生活にも役に立つ「孫子の兵法」とは

time 2017/06/25

現代の生活にも役に立つ「孫子の兵法」とは

孫子の兵法(へいほう)ってご存知ですか?

兵法は”ひょうほう”と読むと思っていましたが、これは「生兵法(なまびょうほう)は大怪我をする」というように、剣術や柔術などの武術を指すときに読むそうで、戦術や軍学など戦闘行為の方法の場合は(へいほう)と読むそうです

最近、「こども孫子の兵法」という本が12万部を超えて売れているそうです

昔の本ですが、現代にも通用することが沢山書いてあります

ざっくりとした内容をまとめてみました

孫子の兵法って?

2500年前に孫子が書いた兵法書で、当時は中国の春秋戦国時代で、孫子は呉という国の軍師でした

それまで戦争の勝敗は運で決まると思われていたが、孫子は初めて作戦や考え方で勝敗が決まると考えました

そこに書かれている内容は、戦争だけ留まらず、生きていく上でのノウハウが記載されており、ビルゲイツや孫正義も読んでいたのです

人前で上手に話す

大事な場面で緊張して上手く話せない人が多いですね

そんな時の対処法は「人の前で話す時は自分が物語の主人公だと思うこと」なんだそうです

自分が今置かれている状況を物語ととらえ、自分を主人公と思うことで、自然な話ができるそうです

 

トラブル解決に最も大事なのはスピード

上手くて遅いよりは拙速すなわち拙くて速いが良いとしています

例えば、去年11月に発生した博多駅前の陥没事故、大事故にも関わらず死者・重傷者は1人もでませんでした

当日は朝5時に工事作業員が異常を発見し、すぐに通報、10分後に道路が通行止めとなり、直後の5時15分に陥没が起き、早い行動が多くの命を救った例です

人と仲良くなりたい時はピンチを演じる

孫子によると、戦いの中で劣勢でピンチを演じることで、兵士たちの結束を高めて戦いに勝つことができるとしています

人見知りで悩んでいる人は少しピンチを演じると、周りの人が結束して仲良くなるきっかけが作れるかもしれませんね

本当にすごいのは誰にも気づかれずに結果を出すこと

孫子は人が見ていない所でコツコツ自分のために努力する人が一番すごいとしています

アップルの創設者スティーブ・ジョブズはプレゼンが非常に上手な事で有名でしたが、5分程のプレゼンに2日以上のリハーサルをしていました

人の見ていない所でリハーサルを繰り返すことで圧倒的なプレゼンが生み出されており、人が気にしない細部にまでこだわっていたのです

 

参考:日本テレビ「世界一受けたい授業」

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。