以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

シニアの好意を利用する最新詐欺の手口とは

time 2017/06/21

シニアの好意を利用する最新詐欺の手口とは

今月、国民生活センターの職員と騙り、70代の女性から現金580万円騙し取ったとして、30代男2人が逮捕されました

特殊詐欺の数は年々増加しており、件数で3年前の倍以上となり、被害総額は去年407億円になりました

街の高齢者でも「詐欺電話を受けたことある」や毎日のように電話が来ると明かした人がいらっしゃいます

詐欺者たちは、どれだけ注意しても、シニアの心の隙間につけ込むのです

その最新手口とはどんなものでしょうか

無料でプレゼントされる良心につけこむ詐欺

近年はピンチへ追い込むより、良心につけ込んだ手口が多くなっています

そのため被害者は優しい人ばかりです

ある78歳女性の場合、夫を亡くし一人暮らしでした

ある日、無料進呈でブレスレットが届くのです

「無料でもらって悪いなぁ」と思っているところへ送信者から電話が来て「プレゼンとはいかがでしょうか?」と言ってきます

「体の不調が治るのですが、効果は出ましたか?」と聞かれます

よく分からないでいると、ブレスレットを手元に持ってもらえれば、電話口から気を注入するといい、変な呪文を唱えられます

そして、なんとなく効果があるように感じたことを伝えると、お布施を要求されるのです

貰ってばかりでは悪いと感じ、言われるままに10万円振り込んでしまうのです

その後友達から詐欺では?と指摘され、警察に駆け込むのですが、「自ら払ったお布施は対応出来ない」と言われてしまいました

この事件のポイントは、被害者が「お礼しなくては」という気持ちになることで、お返しという常識が染み込んでる人こそ狙われやすいのです

また“お布施”という言い方もポイントで、「代金」などと違い自由意志で払ったことになるため、警察でも対応が難しいのです

同情させて投資させる

夫を亡くし、ひとり寂しく暮らす83歳女性

ある日自宅に顔見知りの男性が訪ねてきます

それは女性が利用していたメインバンクの銀行員ですが、退職し投資会社で働いているというのです

女性は以前よりも痩せた姿が心配になり、思わず手料理を振る舞まいました

すると夢中で食べ始める男性に見てるうち同情してしまいます

その後男性は毎週末訪れ、日常会話や悩み相談をするようになった1ヵ月後、、、、土下座で「投資してくれ」と頼まれます

女性は預金全額の全てになる278万円を託しますが、それっきり音信不通になります

女性は裁判を起こしたが、相手は既に自己破産しており金は戻らなかったのです

専門家によると、投資詐欺に遭う高齢者は金儲けでなく「助けたい」という思いから騙されてしまうそうです

 

試食や試着にNOが言えない人は要注意ですね

金の話を持ちかけられたら、一度保留にして、誰かに相談することを意識付けすることが大切です

 

参考:フジテレビ「ノンストップ!」

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。