以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

離婚で子供と会えなくなる!親権がとれない父親たち

time 2017/06/09

離婚で子供と会えなくなる!親権がとれない父親たち

先月、離婚を発表したタレントの田中直樹と小日向しえ元夫婦ですが、離婚の原因は明確にしていないものの、長男・次男の親権は田中直樹が取得することになったと報道がありました

しかしながら、一般的には田中直樹のように離婚後に夫が子どもの親権をもつのは珍しいことなんだそうです

1970年代は夫と妻が半々ぐらいだったが、現在は親権を持っている夫はわずか1割程度なのが実情で父親が親権をとれなくなっています

 

妻が原因の離婚でも・・・

会社員Aさんは子どものために仕事に没頭し、休日は娘の育児を手伝っており、自分は家庭を大事にしている夫であり父親と思っていました

ところがある日、妻が知らない男と寄り添って歩いてる姿を目撃します

それから用意周到に不倫の証拠を手に入れたAさんは離婚調停になります

そこでAさんは調停員に不倫の証拠写真を提出し、妻は親権をとる立場にないことを訴えました

ところが、妻が親権をもつことで決定してしまうのです

実は離婚原因と親権は別問題で、離婚原因で親権が決まることはありません

一般的に夫は子供と接している時間が少ないため父親との暮らしでは、生活環境が大きく変わってしまうことから親権を得ることが難しく、これを「看護の継続性」というそうです

また、「母性優先の原則」という母親を必要とする幼少期であるほど、母親が親権をとりやすいのです

更に「兄弟(姉妹)不分離の原則」があり、一昔前は二人以上の子供は夫と妻に分かれていたのですが、最近は兄弟が全て片親の親権になりがちです

しかし、妻が別居中の妻が離婚調停中に夫に子どもを会わせなかった場合、調停委員が妻にマイナスの心証を持つ可能性があります

面会交流の落とし穴

離婚後もトラブルになるケースがあります

息子の親権は妻がとり、離婚が成立したBさん

離婚から1か月の子どもとの面会日・・・

元妻から息子が熱を出したため行けないとメールが届き、面会は来月へ持ち越しとなるのです

しかし、次の面会日にも元妻からキャンセルのメールが届きます

その後も学校の行事など理由をつけ、面会はドタキャンされます

半年以上息子と面会できず、耐えかねたBさんは息子に会いに行き、久しぶりの再会を楽しみました

その日の夜、元妻から息子が「もうパパには会いたくない」と話す動画が届くのです

そしてその後、男性は息子と一切会えなくなりました

子供との面会での争い

面会交流のトラブルで、調停となるケースが増えており、2010年には7749件だったのが、5年後には1万2千件を超えています

親権を持つ妻が故意に面会交流を拒否することを「間接強制」といい、妻に制裁金を課すことになっています

妻が元夫に面会交流を拒否する理由は「子供が取られるかも」という不信感が発生します

時々会うお父さんは優しく、普段しつけでガミガミ言ってるお母さんが「物をプレゼントされて自分じゃない方を選んだら」という気持ちになるそうです

離婚時の親権を争う時は悪口合戦になってしまい、世界で1番にくい相手に世界で1番愛している子どもを預けることが辛いそうです

更に2014年には子どもと面会交流の合意が得られなかったため、福岡家裁が父親に親権を変更したというケースもあったそうです

子どもとお父さんが会いたいという状況でそれを拒み続けるのは子どもの意思を侵害していることになってしまいます

 

子供からすれば、ただでさえ離婚で苦しい思いをしているのに、親が争うという状況になってしまうと、さらに傷つけてしまいますね

 

参考:フジテレビ「ノンストップ!」

sponsored link

down

コメントする




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。