以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

鳥にはたくさん話しかけましょう

time 2017/05/29

鳥にはたくさん話しかけましょう

海外(アメリカだったかしら・・・)で有名なヨウムのアレックスは人間の言葉を100以上も覚えているばかりか、8までの足し算もできたそうで、なんと言葉の一部はその意味も理解していたそうで、知性は5歳児程度だったと言われます

有名な最後の言葉は「また明日、愛しているよ」だったそうですが、実際は寝る前は毎日 この言葉を話していたそうで、朝起きたら旅立っていたので、”最後の言葉”になったというのが真相のようです

おしゃべりをできる鳥さんはインコに代表されるようにたくさんいますが、天才ヨウムのアレックスのように言葉の意味を理解し、TPOに合わせた台詞を言う例は稀で、ほとんどの場合が頻繁に聞いた印象的な言葉をマネしているだけだそうです

とは言え、鳥は話しかけてきた人が、どんな感情を持っているのか察することはできるそうです

人間が嬉しい状態なのか、怒ってイラついているのかなどの感情を理解するそうです

しかし、人間の言葉の意味のほとんどは理解できません

とはいえ、がっかりすることはありません

こちらが、同じシチュエーションの時に同じ言葉で話かけると、「こんな時はこういう音(声)がするので、僕も真似してみよう」と思うようです

以前にも公開していますが、今は亡きオカメインコのポーちゃんが、朝起きるときに「おはよ~」というのが、それです

残念ながら、現在元気な我が家のオカメインコとモモイロインコは、おしゃべりはするのですが、状況を理解しておらず、思いついたままにおしゃべりします

これも以前に紹介しましたが、私との会話は成立していない動画で、「モモちゃんいい子ね~」がいつの間にか「モモちゃん 子~」と意味不明なおしゃべりです

明らかに意味を理解しようとはしていませんね

とはいえ、飼い主さんが言葉をかけるということは、とても大事です

鳥さんは生活にとって不可欠な「自分は必要とされている」、「自分の存在を認めてくれている」ということを理解するからだそうです

我が家のインコたちには、毎日 帰宅した時に「おかえり~」と話しかけています

先ほどのポーちゃんは帰ってくると「ただいま!ただいま!」と話してくれたので、「おかえり」と言ってくれることを期待しています

とはいえ、もう半年以上も続けていますが、覚える気配はありません

継続は力なり!というので、根気よく続けようかと思いますが、才能が無さそうで希望薄です(;´Д`)

sponsored link

コメントを残す

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。