以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

女性や若者に患者が急増!痛風の実態を知ろう

time 2017/06/05

女性や若者に患者が急増!痛風の実態を知ろう

風が吹いただけで痛いことから名づけられた「痛風」、これからの夏場に発症ピークを迎えます

ところが最近の痛風は、女性や若者の発症が増加しているのです

予備軍は1千万人いるとみられている痛風の対策を徹底を調べました

夏は痛風の季節

痛風は、暑くなると患者が増え、5月から8月がピークを迎え、1986年には25万人だった患者数は2013年には106万人にまで増えています

本来、痛風は男性に多かったのですが、近年は女性や若者の発症が増えてきているのです

痛風予備軍は1千万人いるとみられ、女性患者数は2010年には約5万人でしたが、2013年には7万人にまで増えています

若者に増えている

痛風を発症した大学生(22歳男性)が、発症した時には「釘を打ち込まれたような激痛」だったと話します

男性は日頃から大量の飲酒をしており、発症当日は激痛が走り目が覚めたそうです

本人は「骨折した」と思ったそうで、病院に行くまで歩くのもままならなかったといいます

22歳の若者が発症するとは想像できにくいですね

痛風が痛くなる仕組み

痛風になりやすい人は、お酒をよく飲む人、肥満の人ですが、発症の仕組みを知ると理由がわかります

痛風の原因と言われるプリン体は8割が体内で作られ、2割は食べ物から摂取されるのが正常だそうです

このプリン体は肝臓で尿酸に変化し、尿で体外に排出されます

しかし、プリン体の2割以上をを食べ物から摂取すると、体内に留まり、間接に蓄積されます

このプリン体は周囲にトゲがあり、このトゲが関節を刺激して激しい痛みを伴うのです

当然ながら、痛風対策にはプリン体の摂り過ぎに注意することです

女性に増えているワケ

そもそも女性は、女性ホルモンが体外に尿酸を輩出してくれます

ところが、女性が高齢になると女性ホルモンが低下し、尿酸の体外への排出機能が衰え、発症しやすくなります

また、女性が痛風を発症する理由には「過度なダイエットによるホルモンバランスの崩れ」により、女性ホルモンが低下することも影響します

夏に痛風患者が増えるワケ

気温が上がると汗をかくため、尿の量が減ってしまい、尿酸を排出する機会が減ってしまい、尿酸が体に残ってしまいます

そのため水分の摂取が重要で、1日2リットルの水分補給が必要です

栄養士がオススメするの飲み物は牛乳で、タンパク質に含まれるカゼインが尿酸の排出を高めてくれます

要注意な人

尿酸値7.0を超えている人は要注意です

魚卵やレバーや干物など、プリン体が多く含まれる食材に注意が必要になります

オススメはトマト・きゅうり・なすなどの夏野菜は、カリウムを多く含んでおり、尿酸を体外に排出するのを助けてくれます

 

熱中症対策も含めて、暑い時期の水分補給は重要ですね

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。