以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

甲賀で新発見された「忍術秘伝書」書って?

time 2017/05/12

甲賀で新発見された「忍術秘伝書」書って?

「忍者」の里で知られる甲賀市で、彼らの真実を記した一級史料が見つかりました

忍術書すなわち忍者に関する秘伝文書が、甲賀忍者の子孫の自宅で発見されたのです

テレビ朝日の「グッド!モーニング」で、このニュースを放送していたので、内容をまとめてみました

 

渡辺家文書

今回、忍術書を自宅で発見したのは忍者の末裔である、渡辺さん(79)です

2000年に自宅から、「渡辺家文書」なる古文書が150点発見され、甲賀市教育委が解読した結果、うち17点が忍者に関するものと分かりました

 

専門家のコメントとして、渡辺家は実際に忍びとして活動した家で、文書は江戸時代に確かなものが多く確実な資料といえるそうです

実際に渡辺さんの先祖は、尾張藩・徳川家に仕えた忍者で、非常勤と推測されています

残っていた誓約書を見たところ、「有事にすぐ駆け付ける」「家族にも話さない」など記載されていたそうです

 

忍者の1日

文書から分かった忍者の一日の生活は次の通りです

起床は午前4時で、正午までは農作業を行い、午後は忍術の訓練を行っていました

しかし、非常勤なので、尾張藩に向かうのは年1回程度だったそうです

登城すると、役人から色々聞かれるそうで、「忍術の元祖は?」と尋ねられたとき、「聖徳太子であったのだが、根掘り葉掘り質問されるので、面倒で答えなかった」など綴っています

そして、年収は5両、現在の価値で約50万円と自宅待機が多いからか安めではありました

 

秘伝の技

忍術書に記されていた技をいくつか紹介します

毒薬は、ハンミョウとトカゲの粉末で作るとあり、この知識を生かして、後に獣医になる忍者も多いそうで、甲賀市の製薬会社は歴史が古い会社が多いのも関係がありそうです

また砲術では、硝石・硫黄・炭・ネズミの糞で火薬を作り、後には火薬知識があるということで、花火職人になるケースが多かったそうです

 

夜襲の方法

夜に敵を襲うときの手順も出ていました

①まず門外から矢と毒玉を撃ち込む

②敵が逃げ出してきたところを

③毒を含んだ矢で追撃

注意点はすぐに近寄らずに、毒が効いてから攻撃すると書いてあったそうです

 

忍者の処世術を紹介

忍者に求められるのは「情報力」と「コミュニケーション能力」とされています

情報力とは潜入先の方言をマスターしたり、権力者の興味を探ることで、様々な方法で、潜入先に馴染もうとします

そしてコミュニケーション能力とは、「部下を叱る時も、逃げ場のない叱り方はいけない」や、「時には褒めて、時に厳しくする」と書いてるそうで、現代でも十分に通用する内容になっているそうです

 

 

ぜひ、現代語訳を見てみたいですね

sponsored link

コメントを残す

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。