以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

奇想天外・大胆手口!女性ストーカーの実態!

time 2017/05/08

奇想天外・大胆手口!女性ストーカーの実態!

今月、警察庁が発表した2016年にストーカー行為に関する相談件数は2万2737件でした

その数は年々増加しており、中でも増えているのが女性ストーカーなのです

女性のストーカーに悩む男性被害者数が過去最多になったそうです

ストーカーの被害医者は女性だけではありません

専門家によると、ストーカーに関する男性からの相談件数は増えており、ここ数年で2,3倍になっているそうです

男性ストーカーと性質が異なる女性ストーカーの実態をまとめました

 

家から出られない?

都内の飲食店で働いている男性は、卒倒するほどに青魚が苦手でした

ある朝、家を出ようとすると青魚のサバを何匹もマンションのドアの前に置かれていました

本人は触れないので、管理人に片付けてもらったのですが、次の日からもアジやサンマ、イサキなど出勤に合わせて様々な青魚が置かれています

その間、男性は出勤できずに仕事を休んでしまいました

警察にも相談したのですが、玄関前に魚が置かれているだけなので相手にしてくれません

悩んだ男性は探偵会社に調査を依頼し、防犯カメラの映像から犯人は女性と判断、遂に接触しました

なんと!犯人は男性が働く飲食店の常連客だったのです

ストーカー女の言い分は、他の女性客と話すことが無いように、男性を店に行かせたくなかったと話しました

実はストーカー女は、これまで男性にアプローチしていたというのですが、全然伝わっていません

「私はこんなに思っているのに」という思いだったようです

理解しがたい事例ですね

 

女ストーカーの特徴

男性ストーカーは相手に悪いことをしている自覚が薄いのに対し、女性は悪いことをしている自覚があるためグレーゾーンを狙ってくるそうです

さらに周囲を巻き込むという特徴もあり、例として仕事で名刺交換しただけの女性が、自身のSNSなどに愛のポエムを書き込んだり、ターゲットの男性の仕事関係者に彼女気取りで中傷するメールなどを送り、男性の人間関係を崩壊させた例もあるそうです

警察に相談しても、実質損害っていうのはなかなか算定しづらいため、事件になりにくいとのこと

 

別れ話の失敗

ある男性は一年間交際していた女性は束縛するのが嫌だったのですが、言い難いため仕事を理由に別れを告げました

しかし、納得しない女性は次の日から30件に及ぶ着信があり留守電には大量のメッセージが残されていました

女性からの電話は毎日続きましたが、諦めるだろうと無視していました

しかし、3ヵ月後には警察から「あなたの交際相手を名乗る女性から“あなたが自殺するからさがしてほしい”と相談された」と電話があったという

ストーカー女が会いたいことから、警察へ嘘の相談をしたためでしたが、痴話喧嘩だと思った警察に逆に注意されてしまいました

また、ある日突然、男性の後輩から「彼女の動画を売るつもりだろう」と激怒されるのです

なんと元彼女は後輩へ「元彼に脅迫されている」と訴えていたのです

これは、もちろん作り話

その後、男性の追われる生活は1年続き、携帯の解約と引っ越しをすることで、でようやく収まりました

男性が早期解決しなかったのも問題です

「彼に幸せになってほしくない」という復讐心から、ストーカーに走るケースは多いそうです

女ストーカーの特徴として、周囲や警察を味方に付けるため、被害者側が余計追い詰められることになるのです

 

ストーカー女への対処のポイント

もし女性ストーカーに遭った場合に注意すべきことは、「絶対に2人で会わないこと」です

女性側が「乱暴された」など、嘘をつく可能性があります

ストーカーの証拠を揃えたり、周囲の協力を得ることが、解決の早道だそうです

 

参考:フジテレビ「ノンストップ」

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。