以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

結婚直前の破局アレコレ

time 2017/04/23

結婚直前の破局アレコレ

トレンディエンジェル斎藤司が4年間交際した女性と破局したというニュースがありました

去年結婚するつもりで170万円の結婚指輪も購入していたのですが、プロポーズ出来ないまま時が経ち、今年に入り彼女から別れ話をされたそうです

世間でも結婚直前破談という事態が起こっており、女性の10人に一人はその経験があるそうです

ある38歳の女性は結婚前に彼から時間に関係なく連絡が来て、疲れてしまい結婚までこぎつけられなかったそうです

イマドキの男女における結婚直前に驚きの理由で破断するとことが増えています

 

 

決められない婚約者

29歳の女性(Aさん)は合コンで同い年の男性と知り合い、その1年後結婚が決まりました

結婚式の準備を始めたが、婚約者はAさんに「なんでも決めてくれ」と任せっぱなし、いろいろと2人で相談して決めたいと思っていました

そんなことを軽い気持ちで母親に愚痴をこぼすと、母親が婚約者に「もっと決めて良いんですよ」と相手の男性に話をしました

すると、その翌日に婚約者の男性の母親から呼び出されます

婚約者は「自分が決めないのが悪いと責められた」と泣きながら話しだしたのです

実は婚約者は優柔不断で、常日頃から母親に決めてもらっていたそうです

「責めたつもりは無い」と反論するも一方的に結婚の破談となってしまい、更に結婚式のキャンセル料200万円が請求され、それをどちらが払うのかを巡り裁判まで発展することになってしまったそうです

今回のケースでは結婚相手よりも母親を優先するようなことが原因となっており、少子化で子どもを甘やかすような傾向も関係しているかもしれません

 

また、交際期間中のカップルのコミュニケーションが取れていないというものがあり、相手に嫌われたくないがために本音を隠すなど、恋愛経験が足りていない人が多いことも要因です

 

キャンセルの手間とお金が・・・

結婚直前の破談だとお金がかかるリスクも出てくる

一般的な結婚式のキャンセル料として、1か月前では見積額の40%にもなり、10日前から前日では80%にもなり、段階的に増えていきます

酷い例では、当日に式場に来ないというケースも有り、当日ではキャンセル料は100%になってしまいます

この他にも引き出物や招待状など、その他の準備に使ったお金などは返って来ません

招待者へキャンセルの連絡とお詫びの連絡も必要となってきます

更には慰謝料の請求となる可能性にもなり得ます

 

こんな破談の理由も

干支にこだわりがあり、「この干支の生まれでは相性が悪い」という理由で破断になったこともありあります

干支のほかに、星座や血液型など占いで破談になったケースもあります

また、ネットで昔の情報を調べられ、過去の交際相手とのキス写真とかを見つけられてモメたケースもあるそうです

 

男性もマリッジブルーに

婚約した彼女は一流商社で働いており、年収も彼より上で、常にに忙しくて構ってもらえないことを不満に思っていました

デートでも常に彼女に誘導され、プロポーズも言わされてしまった感があり、だんだん不安になっていき、結婚直前に破断の話をしだしたそうです

最近は男性のマリッジブルーも変わってきており、彼女を幸せにできるのか?より自分が幸せになれるのか?と考えてしまう傾向にあるそうです

彼氏側に結婚の覚悟ができていないことでマリッジブルーを引き起こしてしまいます

 

昨今は晩婚化が進み、適齢期の年齢が高くなっています

独身の経験が長いと結婚には慎重になってしまい、家族、会社を巻き込んで大きな問題になってしまうのです

 

参考:フジテレビ「ノンストップ!」

sponsored link

コメントを残す

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。