以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

お迎えしたばかりは放鳥タイムに気を付けましょう

time 2017/04/20

お迎えしたばかりは放鳥タイムに気を付けましょう

手乗りのインコをお迎えしたはずなのに、手に乗ってくれない

そんな、お悩みをお持ちの方は、まだ飼い主さんとの信頼関係が不十分なために、鳥さんがあなたのことを怖がっていることが考えられます

手乗りと称してショップで販売されている鳥さんは、一般的にはヒナのうちから人間に飼育された鳥で、人間に親しみを持っています

しかし、手乗りであっても誰の手でも乗ってくれる子は少なく、あなたが安心して手に乗れる存在になるまでは、あなたの手に乗ってくれないでしょう

 

 

ショップでは手に乗ってくれたのに家では手に乗ってくれないと、ケージに手を突っ込んで無理やり慣らそうとしていませんか

鳥さんはきちんと人を見分けているので、あなたがショップでお世話をしてくれていた人でないことは分かっています

お迎えしてから、1週間から10日の間は慣れるためのお試し期間が必要です

しかし、その間に鳥さんに怖い思いをさせてしまうと、返ってあなたを嫌いになってしまう恐れがあります

嫌われる原因となる可能性が高いのが、放鳥時間なのです

前記のように手をケージに突っ込んでしまったり、ケージに返すときに無理やり捕まえてしまうと、お試し期間で嫌われてしまいます

 

特にケージに戻すときに困るのが、「中々ケージに入ってくれないこと」、特にエアコンの上やカーテンレールの上など、高いところに飛んで行ってしまわれると厄介です

そこがお気に入りの場所になってしまうと、放鳥の度にその場所に行くようになってしまい、毎回ケージに返すことで苦労することになってしまいます

 

お迎え初期のお試し期間の段階で、放鳥で届かない場所に逃げられないようにする方法の案です

気に入っていただけたら採用してください

慣れるまでのお試し期間での放鳥は狭くて手の届く場所で行えば、追いかけまわす必要はありません

鳥さんも狭い場所の方が落ち着くと思います

その場所は、「お風呂場」か「蚊帳」の中、蚊帳を持っている人は少ないと思うので、風呂場が良いでしょう

最初のうちはケージを風呂場に運んでケージから出さずに、飼い主さんと一緒にお話ししましょう

お風呂場の景色に鳥さんが慣れてきたら、ケージから出します

放鳥のタイミングはエサが無くなるころが良いでしょう

放鳥したらケージにエサを補給してあげます

放鳥した最初のうちは鳥さんも楽しく遊んでいますが、そのうちにお腹が減るので、ケージにエサを食べに自分から戻ってくれるはずです

 

そのうち、お風呂場で手の乗ってくれれば、広い部屋で放鳥を試してみても良いでしょう

sponsored link

コメントを残す

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。