以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

地震速報が発生の一時間前に予報できる?

time 2017/03/10

地震速報が発生の一時間前に予報できる?

先日の記事で、「1週間のピンポイントで千葉沖で地震が発生する」とテレビで放送されていた記事を書きました

周囲の人にこの話をすると、みんな笑われてしまいましたが、実際に地震は起きたのです・・・・・、、、、、、しかし、震度2    (;´Д`)

その間、筆者は一生懸命水と食料を買い貯めしたので、これらグッズは今も家の中で広い面積を占めています

今日は発生の1時間前に速報が出せるという新たな地震予測について、テレビ朝日の「グッド!モーニング」で放送していたので、内容をまとめてみました

 

東日本大震災から6年になろうという時、京都大学が新しい地震予測の研究結果を発表しました

その内容は東日本大震災や去年の熊本地震の約1時間前、上空300kmで異変が起きていたというのです

新たな地震予測の可能性について期待が寄せられています

 

去年の熊本地震の発生直前に九州上空で異変が発生していたそうで、上空300kmにある電離層での電子量が異常に増加したエリアの下(地面)で、巨大地震が発生するというものです

なぜこの現象が起きるかというと、巨大地震直前には地球内部の岩盤が破壊され岩石に含まれるガスが噴出します

そのガスにより、地表にプラスのイオンが発生し、はるか上空の電離層にマイナス電子が集まり電子量が増加するというメカニズムが起きていると言われています

昨年の熊本地震発生の約1時間前のデータをみると、震源地付近で異常が起きています

さらに東日本大震災の際のデータをみても、同様に因果関係があったことがわかりました

 

M9.0の東日本大震災やM7.3の熊本地震の際に電子量が増加していたのですが、M6.6の鳥取県中部地震のときなどには電子量に変化がありませんでした

研究を発表した梅野教授は、大規模地震でのみ起きる現象と分析しています

実際に大学研究チームは、GPSシステムを使い電離層を調べており、新たに大幅な設備を作る必要が無いというのもメリットが大きいですね

地震が起きるときに電子量が増えると電波が遅くなるため、時間の違いを計測することでわかるそうです

これまでは過去のデータを検証していたのですが、今後はリアルタイムで検証・実験しようとしています

 

 

発生一時間前に地震の予報が出れば、相当な命を救うことができますね

早く仕組みが完成して、地震を予報してもらえると嬉しいですね

sponsored link

コメントを残す

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。