以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

乾燥により老化が進む?

time 2017/03/16

乾燥により老化が進む?

冬になると肌がカサつくなど、乾燥に悩む人は多いですよね

実は乾燥は肌だけではなく、全身の老化を進める要因になっていることをご存知ですか?

草花と同じように人間も乾燥すれば老化してしまいます

ところが、水をたくさん飲めば乾燥を解消し、老化を防げるわけではありません

日頃からできる乾燥予防のポイントをまとめてみました

 

体の水分は加齢とともに減っていく

体の半分以上は水分でできいると言われます

水が無いと人間は生きていけないのはご存知だと思いますが、体の水分が加齢とともに減少していくことは知られていません

生まれたばかりの赤ちゃんは体重の80%以上が水分なのに対し、幼児になると65%、成人は55~60%、高齢者は50~55%と徐々に減っていくのです

つまり、老化とは体の水分のj保持能力が少しずつ低下していくことなのです

皮膚がしぼんでシワになったり、背中が曲がるといった外見の変化は、体の水分の現象と深い関わりがあるのです

牛肉や鶏肉は若いほど柔らかいように、体が硬くなったりするのは、老化と共に水分が減っている証拠なのです

 

体の乾燥チェック

あなたの体が乾燥しているかを、次の項目でチェックしましょう

当てはまる項目が多いほど、体の水分が少なく乾燥しています

  • 本のページがめくりにくい
  • 目が乾いてゴロゴロする
  • 喉が乾きやすい
  • 食事の時にむせやすい
  • 動作が遅くなった
  • 肌がかゆくなる
  • 便が小さくコロコロしている

 

乾燥を防ぐためには?

乾燥を防ぐために水分補給は大事ですが、ただ水を多く飲めばいいと言う訳ではありません

水をたくさん飲んでも、胃や腸で体に吸収され全身の細胞に水分が届けなければ乾燥を防ぐことはできないのです

しかし、体温を含めた胃や腸が冷えていると、水を吸収する能力が低下してしまい、入り口で水分が吸収できないばかりか、細胞に行き届かない水分は細胞の外に溜まってしまい、これが”むくみ”となるのです

細胞に血液を経由して水分を届けるために、まず最初に”むくみ”の原因となっている細胞の周りに溜まった水を外に出さなければ、細胞に水分を供給できません

水分を体外に出してくれるのは腎臓の役割で、腎臓も冷えると機能が低下します

要は胃や腸、そして腎臓を温めるために、体温を上げることが乾燥を防ぐ最善策なのです

 

体温を上げるためには

乾燥を防ぐために体温の高さが重要であることは理解いただけたと思いますが、どのように体温を上げれば良いのでしょう

まずは、体を動かすこと、筋肉が動くと熱を発生し、自然と体温が上がります

ウォーキングなどにより体を動かすと、体温が上昇するだけでなく、血流が良くなり、水分が細胞の中に吸収されやすくなります

また、ぬるめのお湯にゆっくりと浸かることで、腎臓の働きが促進され、余計な水分が体外に排出されやすくなります

そして、保水性を高める効果がある食材を積極的にとと、潤いのある体に近づけることができます

 

取り入れたい5つの生活習慣

老化を防止するには、乾燥を防ぐことが重要で、そのために、次の習慣をこころがけるようにしましょう

  1. 体を動かし体温を上げる
    ウォーキングなどを行いますが、椅子に座ったままでも足を細かく足踏みするだけでも効果があります
  2. 入浴で余計な水分を体外に排出
    ゆっくりとぬるめのお風呂に浸かることで、腎臓の働きを高めます
  3. ヌルヌル・ネバネバ食材で細胞の保水性を高める
    海藻、オクラ、山芋は効果あり
  4. 体を温める食材を採る
    にんにく、しょうが、七味などは体を温めてくれます
  5. 体の冷えをガード
    腹巻やスパッツなどを使いましょう

さぁ、乾燥を防いで若さを取り戻しましょう

sponsored link

コメントを残す

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。