以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

インコのお迎えは始めが肝心です

time 2017/03/15

インコのお迎えは始めが肝心です

インコを自宅にお迎えした時、初めの1~2週間は良好な関係を築く上でとても重要な時期です

インコの第一印象を良好にしたうえで飼育をスタートすると、その後の関係構築がスムーズに進み、後々のインコと飼い主さんの生活が良くなることでしょう

 

ショップからインコがやってきた初日は一刻も早く遊びたいと思います

ですが、はやる気持ちは抑えて、しばらくはケージの中で遠巻きにして、静かに見守りましょう

インコは周囲の景色や人間に慣れていないため、不安で押しつぶされそうになっているかもしれません

そして、エサは可能な限り、ショップやブリーダーの元にいた時と同じものを、同じ温度、同じタイミングで与えます

差し餌の場合はスプーンも同じものにしましょう

少しでもインコが安心するように環境を整えます

もしも周囲を警戒してエサを食べない場合は、姿を隠してみたりすると、食べてくれるかもしれません

 

気を付けたいことは、やたらに触ることや追いかけ廻すことです

まだまだ信頼していない人に、触れられたり追いかけられたりすると、逃れるために人を見ると早々に逃げてしまうか、攻撃的になってしまいます

インコが飼い主さんを「逃げる相手」または「攻撃対象」と学習してしまった場合は、修復でいるまでに相当な長い時間が必要となってしまいます

 

何よりも大切なことは、インコが飼い主さんに興味を持ってもらうことです

「もっと飼い主さんと近づきたい」「もっと飼い主さんと遊びたい」と思ってもらえればしめたものです

”恋愛と同じ”というと生意気かもしれませんが、こちらから愛情を押し付けたり、追いかけたりすると逆効果になりかねないので、少し距離を置くことで、インコから自分を追いかけさせるように仕向けてみましょう

まずはケージにいれたままで、ケージの外から声をかけたり、エサをあげたりすると、飼い主がケージに近寄ってくることが楽しみになってきます

”ケージに入れたまま”というのが肝心で、まずはケージの仲が安心安全であることを認識したうえで、飼い主さんとコミュニケーションをとることで、インコに楽しみが増えていきます

ケージの中から飼い主に慣れてくると、そのうちにケージの外に興味を持ち始め、慣れてきた飼い主さんとケージの外で遊びたくなってきます

 

それから、ヒナの場合は当面の間は、”食べて”、”寝る”ことが重要な仕事です

エサやり以外のコミュニケーションは控えめにしてあげましょう

sponsored link

コメントを残す

ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。