以下ページ単位広告

オカメインコとモモイロインコがいる我が家

我が家のオカメインコとモモイロインコの暮らしとオッサンの思ったこと調べたことを紹介します

年齢とともに物覚えが悪くなるのはウソだった?

time 2017/02/16

年齢とともに物覚えが悪くなるのはウソだった?

先日、テレビで放送していましたが、血管年齢が高い人ほど体が硬いそうで、血管年齢が高い人はストレッチを習慣化すると、血管年齢が若返るそうです

血管年齢が高目の筆者は慌ててストレッチを始めていますが、続くのでしょうか

ところで、すぐに忘れてしまう筆者は血管年齢よりも脳の衰えも気になります

最近は物覚えが悪くなったり、テレビに出ている芸能人の名前が出てこなかったりすることで、脳が衰えていると思っていませんか?

実は衰えているのではなく、「歳をとると脳が衰える」と、自分に暗示をかけてしまっているせいかもしれないのです

 

脳は衰えていない

物忘れをするようになったと思うのは実は暗示の可能性が高いそうです

子供は毎日 新しいことに触れることで、様々なものを脳に吸収して記憶を増やしていますが、大人になると、新しいことに触れる機会が減少してくるため、脳が記憶することを訓練されていないのです

言いたいことを言えなかったり、新しい単語を覚えられなくのは思い込みかもしれません

そして、その思い込みが脳を甘やかしてしまい、記憶力を低下させている可能性が高いのです

心理テストと称して、若者と高齢者に記憶を試す試験を行うと、点数に差が無いのに、「本当は記憶力テストで、高齢者は成績が悪い」と暗示をかけた途端に、同様の問題で高齢者の点数が極端に下がってしまう実験結果があるそうです

では、脳を活性化させるためにどのようなことを行えばよいのでしょうか?

 

体力と集中力の関係とは?

注意力が散漫になったり、集中力が持続しないのは脳の衰えよりも体力の低下にあるようです

ものごとに注意を払ったり、集中するためには意外に体力を使うものです

脳を働かせるためにも適度な運動で体力の衰えを防ぎましょう

 

冒険心が必要

歳を重ねると「面倒だから」などの理由から安全を選びがちです

気が付くと毎日が同じ人とだけ会話して終わっていることになります

子供のような冒険心を持つことで、ドキドキを体験すると脳には大変な刺激を与えることができます

普段と違う行動をとることはとても重要なのです

 

笑顔を心がける

人間は笑うと快楽に関係したドーパミン系の神経伝達物が生成され、脳が刺激されます

笑顔には楽しいことを見出す能力を高めてくれるので、笑顔になることを探しましょう

楽しくなくても作り笑顔をすることでもドーパミンは分泌されます

 

食べ物から脂を摂取する

脳の健康のために、食事は重要です

有効とされる様々な栄養素がある中で、オメガ脂肪酸が大きな役割を果たしています

オメガ脂肪酸は脳や血液に含まれている油で、気分の低下を抑え、精神状態を健やかにしてくれます

しかし、体内では作られないので、食事から摂取することが必要です

代表的なオメガ脂肪酸はDHAやEPA、およびARA(アラキドン酸)で、DHA/EPAは青魚、ARAは肉やタマゴに多く含まれています

これらの食材を積極的に摂取することで脳をお健康にしましょう

 

さぁ諦めないで、脳を鍛えましょう

sponsored link

down

コメントする




ランキング

ブログランキングに参加しておりますので、よろしければポチっとお願いします!

人気ブログランキングへ


にほんブログ村

管理人とその一味


キィちゃん
オカメインコ(ルチノー)
6歳オス

モモちゃん
モモイロインコ(ノーマル)
5歳オス
 

全スペックが秘密
 
管理人:でえバッタ
仕事:インコと嫁のお世話(時々会社員)
趣味①健康のためのランニング
趣味②いつまでたっても下手なゴルフ
趣味③酒を飲むための料理作り
 
インコネタはこちらの旧サイトにもあります
 
私は専門家ではありませんが、ゆるりと自分が勉強したことを載せています
 
お問い合わせはトップ下にあるフォームからお願いします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。